サウジの石油施設攻撃はイランというアメリカに対し、イランはイエメンの自衛の攻撃でアメリカはイエメンの戦争を終わらせるべきと主張


今世界に衝撃を与えているのはサウジアラビアの石油施設が攻撃され甚大な被害をこうむったという事。アメリカは、イランのミサイル攻撃とイランを非難していますが、その証拠を示していません。

この記事はイランのPress-TVno英語の発信ですので、両側の主張を知るのによい記事ではないでしょうか?

そして付け加えて、当事者のサウジアラビアの防衛大臣の会見動画も掲載しておきますのでそれもご覧ください。防衛大臣も英語で会見しています。

これらを見ると世界の国々は英語で発信することを重視しているのがわかります。

Iran defends Yemen drone attacks on Saudi oil facilities as 'self-defense'

Iran's president says the Yemeni army's recent drone attacks on Saudi oil facilities were merely for legitimate self-defense, and no one can expect them to remain silent when their country is destroyed.

The people of Yemen "have to respond" to the foreign aggression and the influx of US and European weapons to Saudi Arabia and the UAE, President Hassan Rouhani told a briefing held in Ankara on Monday after his trilateral summit with Russian and Turkish counterparts.

"They cannot avoid legitimate defense when their country is being destroyed. What Yemenis do is legitimate self-defense, and reciprocal attack," Rouhani stressed.

His remarks came after Yemen's Ansarullah movement and their allies in the Yemeni army deployed as many as 10 drones to bomb Abqaiq and Khurais oil facilities run by the Saudi state-owned oil company Aramco before dawn Saturday.

The unprecedented attack knocked out more than half of Saudi crude output, or 5% of global supply, prompting Saudi and US officials to claim without any evidence that it probably originated from Iraq or Iran.

Two sources briefed on Aramco's operations told Reuters it might take months for Saudi oil production to return to normal. Earlier estimates had suggested it could take weeks.

全文はこちらからどうぞ。

また、この攻撃に対し、サウジアラビアの防衛大臣の会見の様子の動画もご覧になってみてください。

防衛大臣も英語で会見しています。

イランの大統領は、サウジアラビアの石油施設に対するイエメン軍の最近のドローン攻撃は合法的な自衛のためだけであり、国が破壊されたときに沈黙することを期待することはできません。 ハッサン・ロウハニ大統領は、ロシアとトルコとの三国間首脳会談の後に「イエメンの人々は、サウジアラビアとアラブ首長国連邦へのアメリカとヨーロッパの武器の外国の侵略と流入に対応しなければならない」と月曜日にアンカラで開催された説明会に語った。

「彼らは、国が破壊されているとき、正当な防衛は避けられない。イエメンが行うことは、正当な自己防衛と相互攻撃だ」と、老はに大統領は強調した。

彼の発言は、イエメンのアンサルラ運動とイエメン軍の同盟国がサウジアラビアの国営石油会社アラムコが運営していた爆撃に、最大10機のドローンで土曜日の夜明け前に、アブカイクとクライスの石油施設を攻撃した後になされました。

前例のない攻撃により、サウジの原油生産量の半分以上、または世界の供給の5%が破壊され、サウジアラビアと米国の当局者は、おそらくイラクまたはイランが行ったと証拠なしに主張するようになった。

アラムコの事業について説明した2つの情報筋は、ロイターに対し、サウジアラビアの石油生産が通常に戻るには数か月かかるかもしれないと語った。以前の推定では、数週間かかることが示唆されていた。

#ドローン #サウジアラビア #イラン #イエメン #石油施設 #Rouhani #Yemen

2回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2017  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.