東京湾に世界一の高層ビルが建つ!?


Tokyo's mile-high skyscraper to be the tallest in the world

The Telegraph

イギリスの保守系新聞のテレグラフが、ニューヨークの建築会社Kohn Pedersen Fox AssociatesとNYを拠点とするエンジニアリング会社Leslie E. Robertson Associatesが共同で提案し、この案は現在サウジアラビアで建設中で2020年に完成すると世界一の高さになる予定の Jeddah Towerよりも高くなるとしています。

Plans show that the 5,577 feet-high Sky Mile Tower will stand in Tokyo Bay with a cluster of islands at its feet, dwarfing everything else on the city's already soaring skyline.

The tower will feature a hexagonal design, which was found to be the most wind-resistant shape, with six interconnected “building legs” forming a slotted, tapered structure that should withstand imposing winds.

It will offer multi-level open-air sky decks at every 320 metres and shared public facilities including shops, restaurants, hotels, libraries, gyms and health clinics.

The tower will be surrounded by islands forming part of the Next Tokyo development Photo: Kohn Pedersen Fox Associates

Up to 55,000 residents will be housed, with lifts running vertically between the top and bottom of each of the building's five “residential zones” and horizontally within each zone, forming a looping lift system, providing service to and from the different sky lobbies.

A rendering of the tower's open-air sky lobbies Photo: Kohn Pedersen Fox Associates

The eco-friendly complex will be designed to utilise waste heat from one part of the building to another for increased energy efficiency. Water will be "centrally collected, treated and stored at various levels" and distributed using gravity, eliminating the need for water to be pumped upwards from the ground level.

• Skyscrapers of the future

The Sky Mile Tower will be surrounded by an archipalego of islands, forming part of Next Tokyo, a “high density ecodistrict" designed to "adapt to climate change". The hexagonally shaped islands are designed to protect the city from flooding and other waterborne risks including “rising sea levels, seismic and increased typhoon risk”. Proposed by the NY-based architectural firm Kohn Pedersen Fox Associates in collaboration with the NY-based engineering firm Leslie E. Robertson Associates, the development aims to accommodate half a million residents.

全文はこちらThe Telegraphからどうぞ。

計画によれば、高さ5,577フィートのスカイマイルタワーは、島の群れが足元にある東京湾に立つことで、すでに急上昇しているスカイラインの他のすべてを小さく見せてしまいます。 タワーは、最も風に強い形状であることが判明した六角形のデザインを特徴とし、6つの相互接続された「建物の脚」が、強風に耐えるスロット付きテーパ構造を形成します。 320メートルごとに複数レベルのオープンエアスカイデッキを提供し、ショップ、レストラン、ホテル、図書館、ジム、診療所などの公共施設を共有します。

タワーは、次の東京開発の一部を形成する島に囲まれます。

最大55,000人の居住者が収容されます。建物の5つの「居住ゾーン」の上下で垂直に、各ゾーン内で水平にリフトが動作し、ループリフトシステムを形成して、異なるスカイロビーとの間でサービスを提供します。

環境に優しい複合施設は、エネルギー効率を高めるために建物のある部分から別の部分への廃熱を利用するように設計されます。水は「さまざまなレベルで集中的に収集、処理、保管」され、重力を使用して分配されるため、地上から水を汲み上げる必要がなくなります。

未来の高層ビル

スカイマイルタワーは島々に囲まれ、「気候変動に適応する」ように設計された「高密度エコディストリクト」であるネクスト東京の一部を形成します。 「海面上昇、地震、台風リスクの増加」を含む。NYを拠点とする建築会社Kohn Pedersen Fox AssociatesがNYを拠点とするエンジニアリング会社Leslie E. Robertson Associatesと共同で提案したこの開発は、50万人の居住者に対応することを目的としている。

全文はこちらThe Telegraphからどうぞ。

#TheTelegraph #DCEC #英語記事 #ビジネス英語

7回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2017  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.