20年以上変わらない日本の初任給


 今週なぜグローバル化が必要なのか、ある企業で講演をするため データを調べていて今更ながら驚いたことがありました。

それは日本人の給与が全く伸びていないということと、日本人の給与が 伸びないうちに他の国では着実に上がっていて、なんと新興国でも日本 企業よりも高くなっているということです。

1976年に9万4300円(大卒男子初任給)だったのが、10年後の 1986年に14万4500円と1.5倍を超え、1993年に19万300円と 倍以上になりと順調に伸びて、2003年に20万1300円になった 年には、一人当たりGDPが世界第3位と日本人が豊かさを 謳歌していました。 http://ecodb.net/ranking/old/imf_ngdpdpc_1993.html

ところが、その伸びが、そこからピタッと止まってしまいます。

そして2017年の初任給が20万7800円ですから、24年間でやっと ¥6,400上がっただけです。

でも、まだほとんどの日本人は一人当たりGDPが世界第3位であった 時代の記憶のまま、日本人は豊かだと思っていますが、 実はそんなことはなく、中国、インド、その他の新興国の方が 豊かになっているのです。

その一つの例として、中国のスマホメーカーのファーウェイが 日本で採用活動をし、なんとその初任給が40万円です。 https://www.businessinsider.jp/post-172982

またインド企業のタタ・コンサルタンシー・サービシスの 2017年の日本での初任給実績が¥274,000と日本企業よりも かなり高くなっています。

さらには、中国やアジアの新興国での管理職給与は、日本企業 よりも高くなっています。

日本の管理職給料は「中国よりずっと下」 https://blogos.com/article/287377/

この現実、知っていましたか?

そして、今、その現実を知らずに外国人を家族を帯同できない、 人権を無視した条件で受け入れようという入国管理法の改正が 国会で審議されていますが、現実的にはすでにアジアの中で一番 働きたくない国になっている日本。 それを認識しないで、まだ、日本で働きたいという外国人を 受け入れてやろうという上から目線の入国管理法の改正では、 日本に来てくれる人材などいなくなり、日本の将来の見通しが 全く立たなくなってしまいます。

日本はアジアで最下位、高度外国人材への魅力欠く-IMD https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-21/OZQUJF6TTDS001

安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の悲惨な実態! 低賃金で突然死、暴行、性被害も…こんな奴隷政策許していいのか LITERA https://lite-ra.com/2018/11/post-4371.html

このような認識のギャップが生まれてしまうのは、世界中が インターネットを通じ英語で情報を発信し、コミュニケーション している中で、日本は、日本のマスコミが発信するドメスティックで 偏った情報だけ受け取っているからに他ありません。

しかし、経団連の会長が先代まで誰もパソコンを使っていなかったことで 驚いたと思ったら、国のサイバーセキュリティを担当する大臣がパソコンを 使ったことがなく、USBメモリーって何かわからないという状態ですから、 日本の競争力が落ち、賃金も新興国に抜かれてもやむをえないのかもしれません。

「桜田五輪相はシステムエラー」海外メディアが皮肉次々 朝日新聞 https://www.asahi.com/articles/ASLCJ3C6YLCJUHBI00T.html

国がそんな状態ですが、あなたは英語力をつけてグローバル時代に 対応できますよね。

#グローバル化 #英会話力 #新興国

1回の閲覧

DCEC 
(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCEC PH
7F Finman Centre, 131 Tordesillas St., Salcedo Village, Makati City 1227
Phone :  + 63 2 7215 7802

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.