グローバル化業務が目白押し


----【目次】-------------------------------------------------

・Zombie vs. zombie            <Euneece>

・今週のあなたの課題ニュース・記事

 “Empty seats greet Ivanka Trump at women's empowerment

  speech in Tokyo”

・今週の注目Blog&記事

・TESZARA情報

・ロングステイフェア2017

・編集後記                   

-------------------------------------------------------------

  このメルマガをお読みいただいていらっしゃる方は、みなさん

英語を学んでグローバル化しようという方ばかりですから、今更

いうまでもないことですが、今の日本のビジネスパースンにとっては

グローバル化が避けられない環境になっていることを日々感じます。

今週あるクライアント企業様から、新ビジネスをスタートするにあたり

フィリピンのBPOビジネスの助けを借りたいので相談に乗ってほしいとの

お話があり、Mylesと打ち合わせに行ってきました。

今後そのビジネスは、日本とアメリカやドイツを結んで広がっていく

のですが、そのバックオフィスをフィリピンで担っていくことになり

そうです。

また、あるすでに世界に展開している大手企業のクライアント様から

開発部隊があまりグローバル化がピンときていなようで、英語の学習に

身が入らないので、グローバル時代の実態について講演をしてほしい

との依頼を受けました。

今月末に、Mamex, Rizaと3人でその会社にお伺いして講演を行う

予定です。

さらに、あるIT企業様から事業拡大の資金を調達するためにフィリピンの

投資物件を活用したいので相談に乗ってほしいとの連絡をいただき、

茜さんと二人で打ち合わせに行くなど英会話研修ばかりでなく

様々な面で各社のグローバル化をお手伝いする仕事が増えています。

-------------------------------------------------------------------------

■Zombie vs. zombie

Characters: E: Euneece M: Maiko

K: Koto W: Willibee

T: Tama

During the recent Halloween party…

K: Your makeup is amazing. You really look like a zombie.

T: (Shyly) Thank you.

M: (Curious) Did you do it yourself?

T: Haha. I wish I could, but no. I went to a beauty parlor

at the station before coming here.

K: Isn’t it ironic that a beauty salon transforms one’s

pretty face into some bloodsucking monster or something?

M: They did a very good job, though.

K: Can’t argue with that. If I may, how much did it cost

you?

T: I paid six thousand yen for this.

K & M: (Echoing in disbelief) Six thousand yen??!!!

T: Uh-huh. I think it’s worth it.

E: (Noticing Willibee as she approaches) Ah, here’s another

zombie in the house.

M: What are you supposed to be?

W: A dead rocker? Hahaha!

T: Nice outfit. At what salon did you have your face done?

W: At what salon? (Proudly) I did this myself.

T: No way!

M: (Looking at Tama and Willibee again and again) Hmm…

T: (Pointing at Willibee’s bloodstained forehead) That looks

more real than this one (pointing at her "bruised" cheek).

W: I still have some "blood" left if you want to add more on

your face.

T: Waah!!! Why did I even agree to shell out six thousand?!

K & M: Trick or treat!

T: (Pouting) I was tricked, all right.

Vocabulary

zombie  ゾンビ

beauty parlor = beauty salon 美容院

ironic      皮肉な

transform     一変させる、変える

bloodsucking   吸血の

...or something  ~か何か

argue 反論する、反対する

echo       反響させる、こだまさせる

disbelief     信じ(ようとし)ないこと、疑惑

Uh-huh      (同意、承認などを示し)うん、ああ

approach     近づく、近寄る

outfit      (ひとそろいの)衣服、洋服

proudly      誇らしげに、自信を持って

No way!      ありえない!嘘でしょ!

bloodstained   血痕のついた、血まみれの

bruised      傷ついた、あざのできた

shell out 支払う

pout       唇を突き出す、口をとがらす

trick       だます、かつぐ

Comprehension Questions:

1. Which pair are in their zombie costume?

a. Tama and Koto

b. Koto and Maiko

c. Maiko and Willibee

d. Willibee and Tama

2. Which of the following is TRUE?

a. Willibee paid six thousand yen for her makeup.

b. Tama dropped by a beauty salon before coming to the party.

c. Koto came in a monster costume.

d. Maiko had a nice outfit.

3. Which of the following was not mentioned about the beauty salon?

a. It is located near the station.

b. It is where Tama had her face done.

c. It charges six thousand yen for zombie makeup.

d. It rents out nice costumes for Halloween parties.

ゾンビ vs ゾンビ

登場人物: E: ユニース M: マイコ

K: コト W: ウィリビー

T: タマ

つい先日行われたハロウィンパーティーで...

K: あなたのメイクすごいわ。本当にゾンビみたいよ。

T:(恥ずかしそうに)ありがとう。

M: (興味津々で)自分でやったの?

T: あはは。だったらいいけど、違うわ。ここに来る前に駅の美容院に

行ってやってもらったのよ。

K: 美容院が人のきれいな顔を吸血モンスターか何かに変えるなんて

皮肉じゃない?

M: とっても上手く出来ているけどね。

K: 私も異論なし。よければなんだけど、そのメイクにいくらかかったの?

T: 6,000円よ。

K & M:(信じられないといった様子で声を反響させ)6,000円??!!

T: ええ。その価値はあると思うわ。

E:(ウィリビーが近づいてくるのに気付き)ああ、ここにもう一人ゾンビが。

M: あなたは何のつもり?

W: 死人のロッカーかしら?ははは!

T: ナイスな衣装ね。その顔はどこの美容院でやってもらったの?

W: どこのサロン?(誇らしげに)私がやったのよ。

T: 嘘でしょ!

M:(タマとウィリビーを何度も見比べ)うーん...

T: (ウィリビーの血糊のついたおでこを指し)こっちの方が私のより

本物に見えるわ。(自分の「傷のある」頬を指しながら)

W: もう少し顔に加えたいんだったら、まだいくらか「血糊」が残ってるわよ。

T: わー!!!どうして私6,000円も支払うことに同意しちゃったのかしら。

K & M: トリックオアトリート!

T:(口をとがらせ)私はトリックされた(一杯食わされた)っててわけね。

----------------------------------------------------------

★★今週のあなたの課題ニュース・記事★★

“Empty seats greet Ivanka Trump at women's empowerment speech in Tokyo”

the guardian

----------------------------------------------------------

イギリスの高級紙ザ・ガーディアンがイヴァンカ・トランプさんが、

日本を訪問して、セクハラと女性の雇用について半分空っぽの会場で

スピーチをしたと報じています。

また、この記事では、日本の安倍首相は、

「女性が働きやすい環境作りのため最大限の努力を払ってきました」

と言っていますが、現実は、経済フォーラムの世界男女平等ランキングで

3ランク落ちて144カ国中114位であり、G7の中で最低と指摘しています。

https://goo.gl/E1u921

■今週の注目Blog&記事■

----------------------------------------------------------

◆グローバル化、IT化、ビジネススキル向上◆

----------------------------------------------------------

●大前研一が断じる「今後に勝ち残る人材戦略」

「従来型の組織人事制度では成功できない」

東洋経済ONLINE

http://toyokeizai.net/articles/-/193670

●世界資本家とコラボする習近平の中国

田中宇の国際ニュース解説

http://tanakanews.com/171101china.htm

◆日本はどこに行くのか?◆

----------------------------------------------------------

●田中良紹:どの政党もハッピーになれない総選挙結果

THE JOURNAL

http://ch.nicovideo.jp/ch711/blomaga/ar1354957

●東大留学生ガッカリ、「日本での就職」の現実

日本企業で働きたいのに働けないのはなぜか

東洋経済ONLINE

http://toyokeizai.net/articles/-/126809

◆トレンドウォッチ◆

----------------------------------------------------------

●時短筋トレHIITで「おなか」の脂肪を燃やせ

日経Gooday

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/091200508/?cs=ar_r

●退職前のサラリーマンを襲う「役職定年」実はこんなに怖い

現代ビジネス

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52488

■TESZARAセミナー情報■

「なぜ今、フィリピンが投資やロングステイ

・英会話留学先として一番なのか?」

http://www.teszara.com/seminar.html

<主な内容> 

1.アセアン諸国で最も日本に近い国フィリピンの経済成長の秘密

2.先端都市マカティ、BGC(ボニファシオ・グローバルシティ)

でのロングステイの実際

3.フィリピン政府退職庁の日本で唯一の代理企業として

  SRRV(特別居住退職ビザ)のメリットと手続きのご説明

4.フィリピンの経済成長を利用した資産形成、コンドミニアム投資

【日時】:●2017年11月25日(土) 10:00~11:50 開場 9:45

【会場】:中小企業会館 8階B会議室     

     住所:東京都中央区銀座2-10-18

https://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html

    東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」11出口徒歩1分

東京メトロ銀座線「銀座駅」A13出口徒歩7分

【募集人数】:10名

【参加費用】:無料

【予約】:要申込み(開催日前日まで申込み可)

【講師】:TESZARA(テザラ)代表取締役CEO 佐々木良介

【主催】:(株)デラ・クルーズ TESZARA事業部 

【後援】:(財)ロングステイ財団

【ロングステイフェア2017】

今年のロングステイフェアは、11月20日(月)に東京国際フォーラムで

13:30~20:00で行われます。

アジアだけでなく、世界でのロングステイ情報満載のイベントです。

TESZARAは、今年は世界トップクラスのホリスティックリゾート

”The Farm"と共同で出展します。

ぜひお越しください。

https://dokodekurasu.jp/tokyo2017/

■ 編集後記 ■

今週、高校時代の野球部のメンバーとの集まりが、

うん十年ぶりにあり、懐かしい時間を過ごしました。

当時は都立高校ながら、甲子園常連校に勝ってしまうことがある

野球部だったので練習は厳しく、夏の合宿などは朝6時に起きて、

夜10時に寝るまで練習漬け、しかも当時は練習中は水を飲んでは

いけないという今であれば熱中症まっしぐらのような練習環境の

地獄の1週間でした。

そんな青春時代を共にした仲間たちも、今は頭は白くなり、体重が

倍くらいに増えていたりと時の流れを感じたのですが、

外観の変化以外にもう一つ驚いたことがありました。

当時は野球ばかりやっていて、成績はあまり芳しくないメンバー

だったのですが、集まった10人のうち、誰もが知っている名前の

会社を含めて、社長が四人、常務が一人、役員が一人で、

企業以外でも大手会計事務所のパートナーなどみな社会で活躍

しているのです。

これを見ると、学生時代体育会に入っていて成績では落ち

こぼれていても、厳しい練習を経験し、それに耐え抜いたことは、

社会に出ても役立つみたいです。

#ビジネス英会話 #さいたま #グローバル化 #フィリピン

0回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.