ラグビーのオールブラックスは、日本でヤクザとイメージがつながる刺青を隠しますThe Guardian


Rugby World Cup: All Blacks cover up tattoos in Japan to tackle yakuza link

With body ink associated with yakuza gangsters, New Zealand’s Rugby World Cup stars are happy to hide their artwork

The All Blacks are gamely braving Japan’s humidity and covering up their considerable collection of tattoos as they prepare for their defence of the Rugby World Cup at the weekend.

The All Blacks, who have a huge following in Japan, are covering up so as not to fall foul of local cultural sensitivities about public displays of body ink.

Despite the growing popularity of fashion tattoos in Japan, many people associate them with membership of the yakuza – the country’s network of crime syndicates.

The players have been covering up in onsen hot springs, hotel lobbies and other places where they are likely to encounter the public.

“We have got an onsen, like a spa, in every hotel and in Kashiwa that spa was a public one and we had to wear skivvies [long-sleeved tops] or tights,” star halfback Aaron Smith said of the team’s training camp near Tokyo.

Smith said he and his teammates were happy to conceal their tattoos to avoid causing offence. “And that’s OK. We are in Japan, you have to embrace their way, their culture. And most people with tattoos were happy to cover up,” the New Zealand Herald quoted him as saying.

全文はこちらからどうぞ。

ヤクザのギャングに関連付けられたボディインクで、ニュージーランドのラグビーワールドカップのスターは、彼らのアートワークを喜んで非表示にします。

オールブラックスは、日本の湿度に勇敢に立ち向かい、週末のラグビーワールドカップの防衛に備えて、かなりの入れ墨のコレクションを隠しています。 日本で大きな支持を集めているオールブラックスは、ボディインクのパブリックディスプレイに関する地元の文化的感受性に反しないように隠蔽しています。 日本ではファッションタトゥーの人気が高まっているにもかかわらず、多くの人々は、それらをヤクザ(犯罪組織のネットワーク)のメンバーシップと関連付けています。

選手たちは、温泉、ホテルのロビー、その他の一般の人々と出会う可能性のある場所で隠蔽しています。 「すべてのホテルに温泉のような温泉があり、柏ではその温泉は公共の温泉であり、スキビ(長袖のトップス)またはタイツを着用しなければなりませんでした」とスターハーフバックのアーロン・スミスは近くのチームのトレーニングキャンプについて語りました東京。 スミスは、彼と彼のチームメイトは、不快感を避けるために彼ら