デンマークは化石燃料から再生可能エネルギーに転換しているチャンピオンです


https://wef.ch/2LuZYyY

50年前のデンマークでは、エネルギーの90%以上が輸入原油でしたが、1970年代のオイルショックの時に工場が止まり、家庭では暖房ができなくなり、それを契機にエネルギーの転換を決めました。

1979年には風力発電に援助を始め、1991年には世界で初めて洋上風力発電所をスタートしました。今では電力の40%が風力発電で生み出されています。

そして世界の風力発電機の3分の1を供給しています。

二番目に、デンマークは廃棄物をエネルギーに変えています。

堆肥やわら、動物の脂肪などを生物燃料としています。

それらが今やデンマークの再生可能エネルギーの3分の2以上を供給しています。

デンマークの家庭の3分の2は発電所、工場や交通機関の余った熱で暖房されています。

消費エネルギーの削減も優先事項です。

デンマークのビルは40年前の半分のエネルギーしか使いません。

1990年から2015年にGDPは2倍になりましたが、炭素排出量は36%削減しました。

1990年には6%しかなかった再生可能エネルギーが現在33%まで上がり、2050年にはカーボンニュートラルを目指しています。

※fossil fuel:化石燃料

※renewable energy:再生可能エネルギー

※carbon neutral:「環境中の炭素循環量に対して中立」何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量である、という概念。

#carbonneutral #fossilfuel #renewableenergy

閲覧数:5回0件のコメント