日本の海産物は世界からそっぽを向かれる?


9月10日に原田義昭環境大臣が、「福島第一原発で出た放射性物質「トリチウム」を含んだ水を海洋放出するしか選択肢がないと会見で話したところ、さっそくイギリスの高級紙The Gurdianが早速懸念を表明しています。

この中では、オリンピックを招致する知時に安倍首相がオリンピック委員会に状況は“under control”.と言っていたのにと批判しています。

Fukushima: Japan will have to dump radioactive water into Pacific, minister says

The Guardian

More than a million tonnes of contaminated water lies in storage but power company says it will run out of space by 2022

The operator of the ruined Fukushima Daiichi nuclear power plant will have to dump huge quantities of contaminated water from the site directly into the Pacific Ocean, Japan’s environment minister has said – a move that would enrage local fishermen.

More than 1 million tonnes of contaminated water has accumulated at the plant since it was struck by a tsunami in March 2011, triggering a triple meltdown that forced the evacuation of tens of thousands of residents.

Tokyo Electric Power (Tepco) has struggled to deal with the buildup of groundwater, which becomes contaminated when it mixes with water used to prevent the three damaged reactor cores from melting.

Tepco has attempted to remove most radionuclides from the excess water, but the technology does not exist to rid the water of tritium, a radioactive isotope of hydrogen. Coastal nuclear plants commonly dump water that contains tritium into the ocean. It occurs in minute amounts in nature.

Tepco admitted last year that the water in its tanks still contained contaminants beside tritium.

Currently, more than 1m tonnes of contaminated water is held in almost 1,000 tanks at the Fukushima Daiichi site, but the utility has warned that it will run out of tank space by the summer of 2022.

“The only option will be to drain it into the sea and dilute it,” Yoshiaki Harada told a news briefing in Tokyo on Tuesday. “The whole of the government will discuss this, but I would like to offer my simple opinion.”

No decision on how to dispose of the water will be made until the government has received a report from a panel of experts. Other options include vaporising the liquid or storing it on land for an extended period.

Fukushima grapples with toxic soil that no one wants

Harada did not say how much water would need to be discharged into the ocean.

One recent study by Hiroshi Miyano, who heads a committee studying the decommissioning of Fukushima Daiichi at the Atomic Energy Society of Japan, said it could take 17 years to discharge the treated water after it has been diluted to reduce radioactive substances to levels that meet the plant’s safety standards.

Any decision to dispose of the waste water into the sea would anger local fishermen, who have spent the past eight years rebuilding their industry.

Nearby South Korea has also voiced concern over the impact it would have on the reputation of its own seafood.

Last month, Seoul summoned a senior Japanese embassy official to explain how Fukushima Daiichi’s waste water would be dealt with.

Ties between the north-east Asian nations are already at a low ebb following a compensation dispute over Koreans forced to work in Japanese factories during the second world war.

The government spent 34.5bn yen (£260m) to build a frozen underground wall to prevent groundwater reaching the three damaged reactor buildings. The wall, however, has succeeded only in reducing the flow of groundwater from about 500 tonnes a day to about 100 tonnes a day.

Japan has come under renewed pressure to address the contaminated water problem before Tokyo hosts the Olympics and Paralympics next summer.

Six years ago during the city’s bid for the games, the prime minister, Shinzo Abe, assured the international community that the situation was “under control”.

全文はこちらからどうぞ。

荒廃した福島第一原子力発電所の運営者は、大量の汚染された水をサイトから直接太平洋に投棄しなければならない、と日本の環境大臣は述べた-地元の漁師を激怒させる動き。

2011年3月に津波に襲われて以来、100万トン以上の汚染水が工場に蓄積され、数万人の住民の避難を余儀なくされた三重のメルトダウンを引き起こしました。 東京電力(東京電力)は、地下水の蓄積に対処するのに苦労してきました。地下水の蓄積は、破損した3つの炉心の融解を防ぐために使用される水と混合すると汚染されます。

東京電力は、過剰な水からほとんどの放射性核種を除去しようとしましたが、水素の放射性同位体であるトリチウムを水から取り除く技術は存在しません。

沿岸の原子力発電所は通常、トリチウムを含む水を海に捨てます。自然界ではごくわずかに発生します。 東京電力は昨年、タンク内の水にトリチウム以外の汚染物質が含まれていることを認めました。

現在、福島第一原発のほぼ1,000のタンクに100万トン以上の汚染水が貯留されていますが、公益事業者は2022年の夏までにタンクスペースがなくなると警告しています。

唯一の選択肢は、それを海に排出して希釈することです」と、原田義昭は火曜日に東京で行われたニュース説明会で語った。 「政府全体がこれについて議論しますが、私は簡単な意見を述べたいと思います。」

政府が専門家委員会から報告書を受け取るまで、水の処分方法に関する決定は行われません。他のオプションには、液体を気化させるか、長期間陸上で保管することが含まれます。

原田は、どのくらいの水を海に放出する必要があるかは述べていません。

日本原子力学会の福島第一原子力発電所の廃止措置を検討する委員会の委員長である宮野廣氏による最近の研究では、処理水を希釈して放射性物質を基準を満たすレベルにまで減らした後、処理水を排出するのに17年かかる可能性があると述べた工場の安全基準。

廃水を海に廃棄するという決定は、過去8年間にわたって産業を再建してきた地元の漁師を怒らせます。

近くの韓国も、自国のシーフードの評判に与える影響について懸念を表明しています。

先月、ソウルは福島第一の廃水がどのように処理されるかを説明するために日本大使館の高官を召喚した。

北東アジア諸国間の関係は、第二次世界大戦中に日本の工場で働くことを余儀なくされた韓国人に対する補償論争に続いて、すでに悪い状態である。

政府は、地下水が損傷した3つの原子炉建屋に到達するのを防ぐために、凍結した地下壁を建設するために345億円(260百万ポンド)を費やしました。しかし、この壁は、地下水の流れを1日あたり約500トンから1日あたり約100トンに減らすことに成功しました。

日本は、来年の夏に東京がオリンピックとパラリンピックを開催する前に、汚染された水の問題に対処するという新たな圧力にさらされています。

6年前、市がゲームに入札した際、安倍晋三首相は、国際社会に状況が「管理されている」ことを保証しました。

#Guardian #Fukushima #Radioactive

4回の閲覧

DCEC 
(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCEC PH
7F Finman Centre, 131 Tordesillas St., Salcedo Village, Makati City 1227
Phone :  + 63 2 7215 7802

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.