ドイツやイギリスなど世界のスーパーで広がるプラスチック包装の追放


Sustainable packaging is good for profits as well as the planet

今世界ではSingle use Plasticの削減が進んでいます。日本では、エコバックを持って行ってレジ袋を削減する方向にありますが、スーパーで食品を買うと卵のケースから肉や野菜のパッケージまで全てがプラスチックで包装されていて、1回の買い物で持ち帰る使い捨てプラスチックの量は莫大で驚くほどです。

ここでは、ドイツのスーパーがプラスチック包装をやめ、お客様は自分の入れ物を持ってスーパーに行って、そこに必要な量を入れてもらうようになったことが紹介されています。

日本でも昔は鍋を持って豆腐屋さんに行ってそこに豆腐を入れてもらったようなこともありましたね。

このような試みはロンドンやバンクーバー、アムステルダムでも広がっているようです。

Although sustainability is increasingly a priority for consumers when making purchasing decisions, with packaging often central to a product’s visual appeal for purchasers - many businesses are yet to sufficiently prioritize sustainability and circularity when considering design, use and disposal of packaging, with the majority of packaging still single-use and non-recyclable.

This ‘take, make, dispose’ economic model still largely dominates capital production. Only 14% of the plastic packaging used globally is recycled, the Ellen MacArthur Foundation reports. A worrying 40% ends its useful life in landfills, while a further third does so in fragile ecosystems such as the ocean. One estimate predicts that by 2050 there could be more plastic in our ocean than fish.

Fortunately, there are a number of pioneering organizations attempting to improve this bleak trajectory by investing time and resources in the development of more circular packaging solutions. These leaders are creating solutions where packaging waste is either infinitely reprocessed or can re-enter the system as raw materials for other products. This is an example of the Circular Supply Chain business model identified by Accenture Strategy. This model is good not just for environmental reasons, but it helps generate business value as well. As Unilever reported in an international study, “a third of consumers are now choosing to buy from brands they believe are doing social or environmental good”.

全文はこちらからどうぞ。

パッケージは購入者にとって視覚的な魅力の中心であることが多く、多くの企業は、パッケージの設計、使用、廃棄を検討する際に、持続可能性と循環性を十分に優先していません。まだ使い捨てでリサイクルできない、 この「取得、製造、廃棄」の経済モデルは、依然として資本生産の大部分を占めています。

エレン・マッカーサー財団によると、世界中で使用されているプラ​​スチック包装の14%しかリサイクルされていません。心配な40%は埋め立て地での耐用年数が終わりますが、さらに3分の1は海洋などの脆弱な生態系で終わります。

1つの推定では、2050年までに魚よりも海洋に多くのプラスチックが存在すると予測されています。

幸い、多くの先駆的な組織が、より循環的なパッケージソリューションの開発に時間とリソースを投資することにより、この暗い軌道を改善しようと試みています。これらのリーダーは、包装廃棄物を無限に再処理するか、他の製品の原料としてシステムに再投入できるソリューションを作成しています。これは、アクセンチュア戦略によって特定された循環サプライチェーンビジネスモデルの例です。このモデルは、環境上の理由だけでなく、ビジネス価値の生成にも役立ちます。ユニリーバが国際調査で報告したように、「消費者の3分の1は、社会的または環境的に良いと考えているブランドから購入することを選択しています」

#Sustainable #使い捨てプラスチック #SingleUsePlastic

0回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.