小惑星の地球への衝突に打つ手がない NETFLIXサルベーションの世界が現実に


Elon Musk concerned we have 'no defense' against potential killer asteroid

FOX NEWS

SpaceX CEO Elon Musk said that a large asteroid will eventually hit Earth and his concern is that "we currently have no defense" for it.

Responding to a tweet from podcaster Joe Rogan, Musk said Sunday he would not worry about the asteroid Apophis, which is expected to fly past Earth in 2029. However, a "big rock" will eventually hit Earth and as of right now, there's nothing we can do about it.

"Great name! Wouldn’t worry about this particular one, but a big rock will hit Earth eventually & we currently have no defense," Musk tweeted.

A KILLER ASTEROID IS COMING — WE DON'T KNOW WHEN (SO LET'S BE READY), BILL NYE SAYS

Scientifically known as 99942 Apophis, the massive space rock will fly within 19,000 miles above Earth's surface on April 13, 2029. NASA, which has been planning for the flyby, said in April that the 1,100-foot-wide near-Earth object (NEO) will "cruise harmlessly by Earth," adding that it is "rare" for an asteroid this size to fly by Earth at such a close distance.

Any chance of a crash in 2036, when Apophis flies by Earth again, was also ruled out by NASA.

Apophis, which was first identified in 2004, is named for ancient Egyptian god Apep, who was the “lord of chaos.”

It's a rather curious statement from Musk, especially in light of the fact NASA awarded SpaceX a $69 million contract to help it with asteroid deflection via its Double Asteroid Redirection Test (DART) mission.

The contract will be "the first-ever mission to demonstrate the capability to deflect an asteroid by colliding a spacecraft with it at high speed — a technique known as a kinetic impactor," according to a statement from the government space agency. The asteroid that is being targeted is Didymoon, the small space rock that actually orbits the larger Didymos asteroid.

ANCIENT ASTEROID STRIKES ON MARS MAY HAVE 'PRODUCED KEY INGREDIENTS FOR LIFE'

The mission is currently slated for a June 2021 launch on SpaceX's Falcon 9 rocket.

NASA has been preparing for planetary defense from asteroid strikes for years. A recent survey showed that Americans prefer a space program that focuses on potential asteroid impacts over sending humans back to the Moon or to Mars.

In 2016, NASA formalized the agency’s prior program for detecting and tracking NEOs and put it inside its Science Mission Directorate.

Last June, NASA unveiled a 20-page plan that detailed the steps the U.S. should take to be better prepared for NEOs — such as asteroids and comets — that come within 30 million miles of the planet.

Lindley Johnson, the space agency's planetary defense officer, said at the time that the country "already has significant scientific, technical and operational capabilities" to help with NEOs, but implementing the new plan would "greatly increase our nation’s readiness and work with international partners to effectively respond should a new potential asteroid impact be detected.”

全文はこちらからどうぞ。

今年の7月25日に100メートルを超える大きさの巨大隕石が月と地球の間1/5ほどの距離を通過したことがニュースになったのを覚えていますか?

もしこれが地球に衝突していたら、東京都よりも大きな範囲で壊滅的な被害を受けると言われています。

「小惑星が25日午前に地球にニアミスしていた 落下すれば都市壊滅の可能性も直前まで気づかず」

https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2019/07/20190730_01.html

ところが今回心配しているのは、小さな惑星が地球に衝突するかもしれないという事なので、地球滅亡の可能性がある重大な危機です。

NASAがイーロン・マスクの企業スペースXに資金を出して軌道修正の試みを始めているという事ですが、イーロン。マスクは今のところ打つ手がないとしています。

そういえば、「人類を滅亡させる小惑星の衝突まで6ヵ月。天文物理学を学ぶMITの大学院生と大富豪の天才科学者がタッグを組み、地球を救うため迫り来る危機に立ち向かう。」というNETFLIXのドラマサルベーションは、そのものの危機を描いているドラマですね。

https://www.netflix.com/jp/title/80171099

******************************

SpaceXのCEO、Elon Muskは、大きな小惑星がやがて地球を襲うだろうと言っており、彼の懸念は「現在私たちには防衛がない」ということです。

ポッドキャスターのジョー・ローガンからのツイートに応えて、マスクは日曜日に小惑星アポフィスについて心配しないと述べた。アポフィスは2029年に地球を通過すると予想される。それについてはできます。

「素晴らしい名前です。この特定のものについては心配しませんが、最終的には大きな岩が地球に衝突します。現在、私たちには防御がありません」と、マスクはツイートしました。

キラー・アステロイド(隕石)が登場します—いつかわかりません、準備しましょう。ビル・ナイが言います。

科学的には99942 Apophisとして知られるこの巨大な宇宙の岩は、2029年4月13日に地球の表面から19,000マイル以内を飛行します。フライバイを計画していたNASAは、 「地球に無害に航行する」ことで、このサイズの小惑星が地球に非常に近い距離を飛行することは「まれ」であると付け加えます。 アポフィスが再び地球に飛ぶ2036年のクラッシュの可能性も、NASAによって除外されました。 2004年に最初に特定されたアポフィスは、「カオスの主」であった古代エジプトの神アペップにちなんで名付けられました。

特にNASAがSpaceXにDouble Asteroid Redirection Test(DART)ミッションを介して小惑星の軌道修正を支援するためにSpaceXに6,900万ドルの契約を与えたという事実に照らして、それはMuskからの奇妙な声明です。 政府宇宙機関の声明によると、この契約は「小惑星を高速で衝突させて小惑星をそらす能力を実証する初めてのミッション-運動インパクターとして知られる技術」となる。標的にされている小惑星は、より大きなディディモス小惑星を実際に周回する小さな宇宙の岩であるディディムーンです。 火星での古代のアテロームストライキは「生命のための重要な成分を生産する」かもしれない ミッションは現在、SpaceXのFalcon 9ロケットで2021年6月に打ち上げられる予定です。 NASAは長年、小惑星攻撃からの惑星防衛の準備を進めてきました。最近の調査によると、アメリカ人は、人間を月や火星に送り返すよりも、小惑星への潜在的な影響に焦点を当てた宇宙計画を好むことが示されました。

#英語記事 #英会話レッスン #asteroid

0回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.