2018年は英語力向上と資産形成の年に!


----【目次】-------------------------------------------------

・Listen well          <Leila >

・今週のあなたの課題ニュース・記事

“6 books to read in 2018 if you want to get rich”

・今週の注目Blog&記事

・編集後記

-------------------------------------------------------------

今日は12月31日。

今年最後のメルマガ発行です。

2017年の終わりにあたり、2018年に私たちは何を考え、

しなければならないのかを考えてみました。

今の日本はみんなが閉塞感に覆われ明るい将来が見通せない雰囲気に

包まれております。

その原因は、少子高齢化によって、

「自分の老後は年金に頼ることができないのではないか」

「老人が増え医療費の増大で健康保険が破綻するかもしれない」

など将来不安が大きいことは間違い無いでしょう。

実際年金の財政収支は2014年の時点で、

現役世代6713万人の保険料収入は37兆6000億円

年金受給の高齢者は3991万人で給付総額は53兆4000億円

とすでに15兆8千億円もの赤字を税金から補填している状況です。

人口がすでに減少を始め、富を生み出す年代である生産年齢人口は

1995年に8,716万人でピークを記録した後、減少を続け、

2016年時点では、7,656万人と12%以上減少しているのですから

今後ますます年金財政が悪化していくのは小学生にもわかることです。

※総務省「人口推計」参照

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2017/html/zenbun/s1_1_1.html

●年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情

生活保護を受けることすらできない

東洋経済ONLINE

http://toyokeizai.net/articles/-/202462

少子高齢化によるこのようなマイナスの予測だけではなく、

同時に日本の場合賃金が減少し、私たちは年を追う毎に貧しく

なっている現実があります。

日本の名目GDPは、1997年にピークをつけてから横ばい、

もしくは減少しています。

ただし、安倍政権が2016年12月にGDPの産出方式を変更し、

あまり減少していないように見せていますが・・・。

名目GDP

      1997年   2015年    減少幅

従来計算方法 521,3兆円 500.6兆円  20.7兆円

安倍政権方式 533.1兆円 532.2兆円   0.9兆円

その結果一人当たりGDPは1997年時点でルクセンブルグ、

スイスに次ぐ世界3位だった(実質的に裕福だった)のが、

2017年には、世界で19ヶ国に抜かれ、アジアでもシンガポール、

マカオ、香港が日本を上回り世界で22位と急落しています。

(IMFデータ)

その間、日本人の実質賃金は低下し続け、1995年を100とすると

15%近く低下している一方、ヨーロッパでは150、

アメリカに至っては180にも上昇しています。

http://www5.cao.go.jp/keizai2/keizai-syakai/k-s-kouzou/shiryou/1th/shiryo4-2.pdf

(内閣府)

二つ目の折れ線グラフをご覧ください。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/seirousi/dai2/siryo3.pdf

ここには二つの要因があり、全体のGDPが下がっているのは、

生産年齢人口の減少が影響していると考えられますが、

一人当たりGDPが下がっているのは、グローバル化の中で

日本の競争力が落ちたことを示しています。

日本は戦後、人口の増加とともに、日本国内の市場が拡大し、

ほとんどの企業は、国内のビジネスを行うことで、

市場の拡大とともに成長することができました。

20世紀中は、あのパナソニックでさえ、売上の半分以上を国内で

稼いでいたのです。

ところが、21世紀になるとインターネットの普及とともに

競争環境がガラッと変わってしまいました。

インターネットを使い英語で一気に世界の市場を取りに行く

という環境になってしまったのです。

その環境にうまく適応したのが、サムソンでした。

韓国の人口は日本の半分以下なので国内市場だけでは大きく

なれません。そこで、一気に世界市場にアプローチした結果

サムソンの売り上げに占める韓国国内の売り上げは