ニューヨークタイムズがオリンピックをキャンセルするべきだとの記事を配信



A Sports Event Shouldn’t Be a Superspreader. Cancel the Olympics.

The New York Times


(概訳。ぜひ英語で読んでください。)


多くの観客にとって、オリンピックの最大の魅力は、世界中から様々なスポーツの選手が集まり、一堂に会して競い合うという大胆な非現実性にあります。しかし、世界的な公衆衛生上の危機の際には、これが致命的な結果をもたらす可能性があります。


科学に耳を傾け、この危険な茶番劇を止める時が来ました。東京オリンピックは中止すべきです。


東京オリンピックは中止しなければなりません。でも、オリンピックの蒸気機関車はどんどん進んでいます。主な理由は3つあります。お金、お金、そしてお金。

そして、はっきりさせておきたいのは、そのお金のほとんどは、アスリートではなく、大会を管理、放送、スポンサーする人たちに流れているということです。



先月発行されたBritish Medical Journal誌の社説では、オリンピックの計画を「緊急に再考しなければならない」としています。"科学的・道徳的な要請を無視して、国内の政治的・経済的な目的のために2020年の東京大会を開催することは、世界の健康と人間の安全保障に対する日本のコミットメントと矛盾する」と著者は書いています。


オリンピック開催都市の契約書の付録には、「大会の全体的な範囲を大幅に変更する」場合の決定について、最終的な責任はI.O.C.にあると記されています。


I.O.C.はしばしば「アスリートファースト」を強調し、オリンピアンからの意見が東京2020の意思決定プロセスの鍵であると主張しています。しかし、日本の天才テニスプレイヤー、大坂なおみ選手をはじめとする著名なアスリートたちは、大会を続行すべきかどうか、声を大にして悩んでいます。アスリートと関係者のための最新の「東京2020プレイブック」は、アスリートのストレスを和らげることはできません。そこには、「細心の注意を払っていても、リスクや影響を完全に排除することはできないため、自己責任でオリンピック・パラリンピックに参加することに同意する」と書かれています。


オリンピックを推進することは、スポーツへの渇きを癒すために毒を飲むようなものだ。スーパー・スプレッダーの大惨事の可能性は、オプションのスポーツ・スペクタクルのためには価値がありません。東京オリンピックは中止すべきである

閲覧数:15回0件のコメント