top of page

わたしのニューヨーク(山口鈴夏)  



私は昨年の12月23日から31日までアメリカに友達に

会いに行ってきました。その友達はニューヨークからバスで

2時間ほどのところにあるフィラデルフィアで留学しているので、

ニューヨークとフィラデルフィアに観光に行きました。


昨年の夏、オーストラリアに行った際にも色々と書かせて

いただきましたが、今回も気づいたことをいくつかご紹介しますが、

その前にアメリカ旅紀行を書かせていただきます。


12月23日、夜に日本を出て12時間のフライトですが、時差が

14時間なのでNYのJFK空港についたのも同日の夜でした。


その日は友達と落ち合い、そのままホテルに向かいました。

12月24日、まずはタイムズスクエアのブロードウェイで


ライオンキングを鑑賞しました。登場人物が全て動物なので

人間でどのように表現するのだろうと思っていましたが、見事に

表現されており、人間味がありながら動物に見えるという不思議な

空間でした。特にキリンは、人間の手と足に細い棒を付けて、

頭の長い被り物をかぶって表現されており、そのアイデアには

感嘆しました。



タイムズスクエアでは自分の周りをネオンが囲んでおり、

果たして自分がどこにいるのかという感覚になりました。


その後、クリスマスマーケットやクリスマスツリーを

見て、NYでのクリスマスを体験しました。


12月25日、朝からチャイナタウンやリトルイタリーを

観光しながら歩いていたらハドソン川に着き、

ワールドトレードセンターに行きました。


靄がかかっており上まで見ることができませんでしたが、

9.11の犠牲者を追悼する池やモニュメントを見て、自分が

生まれる前に起こった悲劇に思いをはせることができました。


また歩いているとウォール街にたどり着きました。その日は

クリスマスで祝日ということで企業が休みで活気はありません

でしたが、現在の経済の中心地、歴史的には世界恐慌の発祥地

ということで、その地に立っていることの重みを感じました。


その後、自由の女神を見にクルーズ船に乗りました。

自由の女神を間近で見ることはできませんでしたが、

あの有名な像を今私の目で見ていると実感することができ、

感動しました。


夜、ロックフェラー展望台に行きました。靄がかかっており、

遠くまで見渡すことはできませんでしたが、NYの景色を堪能

しました。


展望台からはクリスマスカラーに彩られたレアなエンパイア

ステートビルも見ることができました。


その後、エンパイアステートビルの真下まで行き、

首が痛くなるまで見上げてきました。



長くなってしまったので今回はこの辺りで終わらせて

いただきます。


次回は旅紀行の続きをご紹介します。

その後は、この旅行を通して気づいたことや考えたことなどを


ご紹介させていただきますので、ご期待ください!

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page