Hagibis Heads Toward Japan NASA


世界がいま日本を襲っている超大型台風Hagibisに注目しています。

Since its wicked-fast intensification earlier in the week from tropical storm to category 5 storm, Typhoon Hagibis has been spinning toward the north-northwest over the western Pacific Ocean. This image, acquired on October 11, 2019, by the Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer (MODIS) on NASA’s Aqua satellite, shows the typhoon as its outer cloud bands neared Japan.

At the time (1:05 p.m. Japan Standard Time), sustained winds were 210 kilometers (130 miles) per hour. That made it a category 4 storm on the Saffir-Simpson wind scale. Also impressive was the size of the storm, which according to news reports spanned 1,400 kilometers. For comparison, Honshu—Japan’s largest and most populated island—is about 1,300 kilometers long.

According to Patrick Duran of NASA’s Short-term Prediction Research and Transition Center (SPoRT) team at Marshall Space Flight Center, the storm was not always so wide. On October 8, Hagibis was rapidly intensifying, so its eye was much smaller too. Duran noted that such tiny “pin-hole” eyes are usually seen in very intense tropical cyclones.

“The most unique thing about this typhoon is how rapidly it intensified to super typhoon strength early in its life,” Duran said. “We don’t have enough observations of typhoons to know how common such a rapid intensification event actually is, but we do know that this is one of the most rapid intensifications we have observed.”

The next day, the storm’s rapid intensification was interrupted by an “eyewall replacement cycle,” in which a new outer eye replaced the original inner eye. As the new eyewall weakens the old eyewall, intensification usually slows down. “Even though the eyewall replacement cycle decreased the storm’s maximum wind speed, it also caused the winds to spread out over a larger area,” Duran said. “That means that a broader region could experience destructive winds as the storm approaches land.”

Forecasts call for Hagibis to make landfall near the central part of Honshu over the weekend and then spin northeast up the island. The Japan Meteorological Agency warned of heavy rain, high waves, and storm surge in some coastal areas. Transportation has already been affected as flights were canceled and train service suspended.

Even after Hagibis moves away from land and people, scientists will likely continue to study the storm to learn more about its evolution. For example, they already noticed interesting behavior during the eyewall replacement cycle, in which the old eyewall was orbiting around the inner boundary of the new eyewall.

“This phenomenon has been seen in some previous storms, but it’s a beautiful example of how complex the physics of eyewall replacements are,” Duran said. “Understanding how these processes work is a very important part of improving tropical cyclone intensity forecasting.”

NASA Earth Observatory image by Joshua Stevens, using MODIS data from NASA EOSDIS/LANCE and GIBS/Worldview. Story by Kathryn Hansen.

台風ハギビスは、熱帯性暴風雨からカテゴリー5の暴風雨への週の早い段階での猛烈な激化以来、西太平洋上で北西から北西に向かって回転しています。この画像は、2019年10月11日にNASAのAqua衛星に搭載された中程度の解像度のイメージング分光放射計(MODIS)によって取得され、台風が外側の雲の帯が日本に近づいたことを示しています。 当時(日本標準時午後1時5分)、持続風は1時間あたり210キロメートル(130マイル)でした。これにより、Saffir-Simpson風スケールのカテゴリー4の嵐となりました。報道によると、嵐の大きさも印象的で、1,400キロメートルに及びました。比較のため、本州は、日本で最大かつ最も人口の多い島であり、長さは約1,300キロメートルです。 マーシャル宇宙飛行センターのNASAの短期予測研究および移行センター(SPoRT)チームのパトリックデュランによると、嵐は必ずしもそれほど広くなかった。 10月8日、ハギビスは急速に激化していたため、目もはるかに小さくなりました。デュランは、このような小さな「ピンホール」の目は通常、非常に激しい熱帯低気圧で見られると指摘しました。 「この台風についての最もユニークなことは、その台風が人生の早い時期に超台風の強さまでどれほど急速に強まったかです」とデュランは言いました。 「このような急速な激化現象が実際にどれほど一般的であるかを知るのに十分な台風の観測はありませんが、これは私たちが観測した最も急速な激化の一つであることを知っています。」 翌日、嵐の急激な激化は、「外壁の交換サイクル」によって中断されました。このサイクルでは、新しい外側の目が元の内側の目を置き換えました。新しいアイウォールが古いアイウォールを弱めると、通常、強化は遅くなります。 「アイウォールの交換サイクルは嵐の最大風速を低下させましたが、それはまた風がより広いエリアに広がる原因にもなりました」とデュランは言いました。 「つまり、嵐が陸地に近づくと、より広い地域で破壊的な風が発生する可能性があります。」 予報では、ハギビスが週末にかけて本州の中央部付近に上陸し、島を北東に回るように要求しています。

気象庁は、一部の沿岸地域で大雨、高波、高潮を警告しました。フライトがキャンセルされ、列車の運行が停止したため、輸送はすでに影響を受けています。 ハギビスが土地や人々から遠ざかった後でも、科学者は嵐の研究を続け、その進化についてさらに学習するでしょう。たとえば、彼らはすでに、古いアイウォールが新しいアイウォールの内側の境界の周りを周回しているアイウォール交換サイクル中に興味深い動作に気づきました。 「この現象は以前の嵐でも見られましたが、眼球置換の物理学がどれほど複雑であるかの美しい例です」とデュランは言いました。 「これらのプロセスがどのように機能するかを理解することは、熱帯低気圧強度予測を改善する上で非常に重要な部分です。」 NASA EOSDIS / LANCEおよびGIBS / WorldviewのMODISデータを使用した、ジョシュアスティーブンスによるNASA地球観測所の画像。キャスリン・ハンセンによる物語。

#Hagibis #台風19号 #NASA

2回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2017  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.