世界の注目を集めるフィンランドの教育システム


How does Finland’s top-ranking education system work?

BIG THINK

The key to Finland's success is to view education not as a privilege, but a right.​

Finland has been a top contender on every Program for International Student Assessment survey. The country built a comprehensive education structure designed to offer citizens free education with no dead ends. The inspiration for Finland's approach was American education research and philosophers such as John Dewey. Finland's education system enjoys a lot of buzz lately. It is considered one of the best education systems in the world. It routinely outperforms the United States in reading, science, and mathematics. And it has been a top performer since the first Program for International Student Assessment (PISA) triennial international survey back in 2000.

But ask someone what's so great about Finland's schools, and you'll typically be supplied with a factoid or three. They have shorter school days. They don't do standardized tests. They all must be smart because the Finnish language is a nightmare.

While these facts are true — except for that last one — they miss Finland's well-raked forests for its trees. Finland's education system works because its entire structure has been around several core principles. First and foremost, equal access to education is a constitutional right. Another important principle is that one should be allowed to choose their educative path, which should never lead to a dead end.

Here's how Finland's education system works to meet those principles.

Finland's early education is designed around concepts of learning through play.

Imagine you're a Finnish parent (or you are one, in which case, hyvää päivää). You've received state-sponsored maternity leave, a maternity grant, and even a wee-baby care box that doubles as a bed, so you can enjoy those first precious months in one of best countries to raise children. Now, you're starting to think about your child's education.

Don't worry, you have time. Finnish children aren't required to go to school until age 6, when pre-primary education begins. You are free to spend those early years playing, teaching, and bonding with your little one. If you want to start your child's education earlier, the Finnish system offers an expansive early childhood education and care (ECEC) program, too.

The program adopts a "learning through play" model to promote "balanced growth," according to the Finnish National Agency for Education's website. Although guided by the National Core Curriculum for ECEC, your local municipality handles ECEC services and has broad autonomy, allowing resident administrators to make the calls regarding budget, class size, and educational aims.

There will be a fee, but one that is heavily subsidized. Parents foot roughly 14 percent of the total bill, but the burden placed on individual households is based on income and number of children. The program is evidently popular, as Finland's enrollment rate for children ages 3 to 5 stands at nearly 80 percent.

全文はこちらからどうぞ。

フィンランドの教育成功の鍵は、教育を受けることが特権ではなく権利と捉えていることでしょう。

フィンランドは、すべての国際学生評価プログラムの調査でトップの最有力候補です。 この国は、行き止まりのない無料の教育を市民に提供するように設計された包括的な教育構造を構築しました。 フィンランドのアプローチのインスピレーションは、アメリカの教育研究とジョン・デューイなどの哲学者でした。

フィンランドの教育システムは最近多くの話題を集めています。これは、世界で最高の教育システムの1つと考えられています。それは、読書、科学、数学の点で米国を定期的に上回っています。また、2000年の最初の国際学生評価プログラム(PISA)の3年ごとの国際調査以来、最高の成績を残しています。

しかし、フィンランドの学校のすばらしいところを誰かに尋ねると、通常1つまたは3つの情報が提供されます。彼らは短時間の授業があります。彼らは標準化されたテストを行いません。フィンランド語は悪夢のように困難なので皆、頭が良くなければなりません。 これらの事実は-最後の事実を除いて-真実であるが、全体像である森を見逃している。フィンランドの教育システムは、その全体構造がいくつかの基本原則に沿って機能します。何よりもまず、教育への平等なアクセスは憲法上の権利です。もう1つの重要な原則は、教育経路を選択できるようにすることです。これにより、行き止まりになることはありません。 フィンランドの教育システムがこれらの原則を満たすためにどのように機能するかを以下に示します。

フィンランドの初期教育は、遊びを通して学ぶという概念に基づいて設計されています。 あなたがフィンランド人の親だと想像してみてください。州が後援する出産休暇、出産助成金、さらにはベッドを兼ねた乳児用のケアボックスさえも受け取ったので、最良の国の1つで最初の貴重な数ヶ月を子育てを楽しむことができます。今、あなたはあなたの子供の教育について考え始めています。 心配しないで、時間がある。フィンランドの子どもたちは、就学前教育が始まる6歳まで学校に行く必要はありません。あなたはそれらの初期の年をあなたの小さな子供たちと遊んで、教えて、結びつけるのに費やすことができます。早めに子供の教育を開始したい場合、フィンランドのシステムは、広範な幼児教育とケア(ECEC)プログラムも提供します。 フィンランド教育庁のウェブサイトによると、このプログラムは「バランスの取れた成長」を促進するために「遊びを通して学ぶ」モデルを採用しています。 ECECのナショナルコアカリキュラムによって導かれますが、お住まいの自治体はECECサービスを処理し、広範な自治権を持っているため、居住管理者は予算、クラスサイズ、および教育目的に関する電話をかけることができます。 料金はかかりますが、しっかりと助成されています。両親は合計請求額の約14%を支払いますが、個々の世帯の負担は収入と子どもの数に基づいています。このプログラムは明らかに人気があります。フィンランドの3歳から5歳の子供の就学率は80%近くに達しています。

#フィンランド #英語 #教育

0回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.