英会話スクールの価格競争体質が問題


 日本人にとって今ほど英会話力が重要になった時代はありません。 日本は少子高齢化が進み、すでに人口減少が始まり、2050年には 1億人を切って9,700万人に、そして恐ろしいことに日本の6割の 地域が無人になる?!との試算が国交省から出ています。 HUFFPOST https://www.huffingtonpost.jp/2014/03/29/population-of-japan_n_5053891.html そして小売世界最大手のウォルマートが、日本のスーパー西友を 買収して日本で小売業を展開していましたが、人口が減っていく 日本には将来性がないと、西友を売却して撤退するとの話も出ています。 米ウォルマート、西友を売却へ 日本での店舗運営撤退 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32899700S8A710C1MM0000/ このように日本の市場が縮小していく中で企業が生き残っていく ためには、海外で稼がなければならないのは子供でもわかる話です。 そのような環境の中でも、残念ながら日本人の英会話力はなかなか伸びない のが現実です。 ここには、学校での英語教育の問題がある一方で、日本の英会話スクールの 問題があります。 何が問題なのでしょうか? それを考える時に、よく見かける英会話スクールの広告宣伝を思い浮かべて みてください。 どんな宣伝が思い浮かびますか? 「今だけ入会金ゼロ!」 「1レッスンが○○円から」 「10レッスンで○○○円」 などなど、いかに安いかを訴求する広告ばかりではないでしょうか? つまり英会話スクール自身が、レッスンの効果、内容よりも、自ら価格 競争に突入しているのです。 その結果が講師の質の低下に繋がっているのです。 価格を安くするためにはコストを下げなければいけませんが、そのコスト を下げるために、講師を社員にせずに請負契約にして交通費を支給しない、 社員でも1週間の労働時間を30時間未満に設定して社会保険に加入させない、 オンラインレッスンの場合は、学生アルバイトを使って自宅のインター ネットでレッスンを実施させるなどなど、講師にしわ寄せをすることで コストを削減している企業がたくさんあります。 結果として、優秀な人材で、他にも職を見つけられる人はなかなか英会話 講師にならないということが起こっています。 待遇が低いため勤続年数も短く、1年でコロコロと辞めて行くことも 多くみられます。 これでは、良い英会話レッスンが提供できるはずがありません。 今、DCECとTESZARAでは再度、私達は何を目指して仕事をするのか? どのようなサービスを提供するのかを皆で話し合っています。 TESZARA Inc. のメンバーとミーティングを実施した時、彼女/彼ら から 「私達は日本品質のサービスを提供することに誇りを持っています」 との言葉が出てきました。 彼らは、日本品質というのが素晴らしいサービスであると思い TESZARA Inc.に入社して来て、TESZARAのメンバーとして 素晴らしい品質のサービスを提供することに誇りを感じ、 1年程度で転職するのが当たり前のフィリピンで、LianやLyleは 3年以上働いてくれています。 そのおかげか、フィリピンでの企業英会話レッスンは、価格競争では なく、英会話レッスンの質で選んでいただいています。

#英会話スクール #英会話 #さいたま市 #大宮

30回の閲覧

DCEC 
(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCEC PH
7F Finman Centre, 131 Tordesillas St., Salcedo Village, Makati City 1227
Phone :  + 63 2 7215 7802

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.