アジアで最も働きたくない国日本


----【目次】-------------------------------------------------

・Packing up <Matthew> ・今週のあなたの課題ニュース・記事  “How China is changing the future of shopping” ・今週の注目Blog&記事 ・編集後記  -------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、日本人のグローバル化をお勧めして来て

いますが、ついに恐れていた事態が起こりつつある事を示す記事を 見つけてしまいました。 それは、 【アジアで最も働きたくない国日本】 https://goo.gl/dJLRfd

日本は少子高齢化でこれから海外の優秀な人材を多数受け入れて いかなければ国の存続が危ぶまれる状況の中、技能の高い外国人が どのこの国で働きたいかを調査した 2017 IMD World Talent Rankingで日本はアジア11カ国の中、 最低、世界63か国の中でも51位と外国人が働きたくない国に なってしまったのがわかりました。

移民を受け入れないという悪評と言葉の壁、柔軟性のない働き方 が原因とのこと。 悪名高い外国人研修制度も早く改めなければ、外国人が日本に 来てくれなくなってしまいます。

私たちDCECは英会話スクールですので、言葉の壁に注目して 見て見たいと思います。

DCECのガヴァネスたちは、DCECを辞めた後、Googleや 世界銀行、アジア開発銀行や国連などで働くような、世界的に 競争力の高い人材がたくさんいます。

当社にとっては嬉しい事なのですが、少し考えると、なぜそんな 優秀な人材が採用できるのかが不思議ではありませんか?

日本の有名企業でもなければ、給料が高いなんてことはもちろん ありません。

ただ、他の企業と比べて大きく違うのが、彼らに日本語能力を 求めないということです。 日本の大企業は、楽天などのごく一部の企業を除いて、 日本語ができることが外国人の採用条件になっています。

先ほどのランキングの評価で言われていた言葉の壁は、日常生活で 英語が通じなくて困るということよりも、自分のビジネスキャリア として日本では、日本語を話せないと将来がないということなのです。

それでは、優秀な外国人の立場に立って見たら、何も無理して日本で 働かなくたって、もっと自分を生かせる国は他にもいくらでもある ということです。

今の日本の政策を見ていると、看護師など、母国で資格を持っていても 日本語の試験を通らなければ日本にいさせないというような、 上から目線政策を行なっていますが、今や優秀な人材は三顧の礼を もって迎えなければならない人材の争奪戦が始まっている、 「グローバル化時代」というのはそういう時代であるということが わかっていない国になっています。

また、私たち一人一人も自分をグローバル化させる努力を始めなければ なりません。

【中国・韓国に遅れをとる日本人のグローバル化】 それは今週TESZARAの出張でフィリピンに行った時に感じたことです。 途中で出会った中国人の家族。両親はお互い中国語で話していたのですが、 一緒にいた5、6歳のこどもは親に英語で話しかけているのです。 そして親も子供に向かい流暢な英語で答えていました。 これは明らかにグローバル化時代を見越して子供に英語教育を 施しているのでしょう。

また、フィリピンで滞在先のコンドミニアムでは、いつもながら韓国人や 中国人がフィリピン人やアメリカ人に混じって我が家のように当たり前に 住んでいます。家族というよりも若者が連れ立って歩いているので、 フィリピンに仕事をしに来ているのかもしれません。

一方、日本人は滅多に見かけることがありません。

これはもう明らかに日本人のグローバル化が、韓国人、中国人に遅れを とっているのを表しているのではないでしょうか。

※楽天が社内公用語を英語にしてどのように変わったかの記事があったので ご紹介します。

楽天は英語公用化でどう変わった?担当者に直撃 日経ビジネス http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/113000186/113000002/

-------------------------------------------------------------------------

■Packing up

Characters: K - Kaori、M - Matthew

A learner asking about her governess' upcoming vacation...

K: Hi Matthew. All ready for your trip next week? M: Absolutely! I'm looking forward to a pleasant time with my      family, especially my kids. K: I'm sure you will. Do you have a checklist of the things you     need to bring? M: Sort of. I'm still packing up my stuff so I have yet to find      out what I'm forgetting, hahaha. K: Well, passport and booking confirmation are paramount. M: Check and check! K: How about the things you need to complete before your trip? M: Complete? Like what? K: Weighing your bags to make sure they're not over the limit,      checking-in online a few hours before your actual flight,      things like that. M: There seems to be a lot to keep in mind. I guess I'll have      to make a "To do" list to ensure I don't miss anything. K: Definitely! It's not like you can just drive back to your     apartment if you forget something, right? M: Noted on that, Kaori. Have you ever forgotten anything before? K: Not really. Toiletries or a pair of sunglasses maybe, but     nothing I had lost sleep over. M: Thanks for the advice. If I do forget something, I'll just     ask you to bring them over to me. K: If all travel expenses will be on you, I won't mind. (winks) M: Hahaha!

●Vocabulary / Expressions:

1. pack up      荷造りする 2. upcoming   近づきつつある、もうすぐやって来る 3. all ready     準備万端で 4. absolutely        そのとおり、そうですとも 5. pleasant      楽しい、愉快な 6. checklist     確認リスト、チェックリスト 7. have yet to まだ〜していない 8. find out       知る、見つけ出す 9. booking confirmation    予約確認 10. weigh          重さ(目方・重量)を量る 11. over the limit     限度・枠を超えて 12. keep in mind      覚えておく、肝に銘じる 13. to do list       しなければならないことのリスト、やることリスト 14. ensure         〜を確かにする 15. definitely       もちろん、当然、そのとおり 16. noted on that   わかりました、了解しました 17. toiletries       化粧品、洗顔道具 18. lose sleep over    〜を眠れないほど心配する、〜が心配で眠れない 19. wink               ウインクする

●Comprehension questions:

What two things have Matthew ticked off his checklist?  a) Passport and booking confirmation.  b) Toiletries and a pair of sunglasses.  c) Weighing his bags and checking-in online.

Why does Matthew need to make a "To do" list?  a) Because Kaori lost sleep over some toiletries.  b) To ensure he doesn't miss anything.  c) He doesn't, he can just drive back to his apartment.

Which statement is NOT TRUE about the story?  a) Matthew is looking forward to see his kids.  b) Kaori advised Matthew on what to do before his trip.  c) Matthew had a pleasant time with his family.

■荷造り

登場人物:  K - カオリ, M - マシュー

ラーナーがガヴァネスに近づきつつある休暇について尋ねる...

K: ハイ、マシュー。来週の旅行の準備は万端? M: もちろん!家族と過ごせる楽しい時間を楽しみにしてるんだ。      とくに子供達とのね。 K: いい時間を過ごせるに違いないわね。持っていくもののチェック      リストはある? M: まあね。まだ荷造りの途中だから、何を忘れているかまだわから     ないんだ。あはは。 K: そうね、パスポートに予約確認は何よりも重要でしょ。 M: チェック、チェック! K: それじゃあ、出発前に終わらせなければならないことはどう? M: 終わらせる?例えばどんなこと? K: 重量オーバーしないよう荷物の重さを量ったり、飛行機に乗る     前の数時間前にオンラインでチェックインをするとかよ。 M: 何だかいろいろ覚えておかなきゃいけないことがありそうだなあ。   何も見落とさないようにやることリストを作っておいたほうが   よさそうだ。 K: そうよ!何か忘れたからじゃあ車でアパートまで戻れるっていう     わけではないでしょ? M: わかったよ、カオリ。君はどう、以前何か忘れたことはある? K: 特にないわねえ。洗顔道具やサングラスならあったかもしれない けれど眠れないほど心配するようなものはなかったわ。 M: アドバイスをありがとう。もし僕が本当に何か忘れたらさ、君に      届けてもらうよ。 K: あなたがその旅費を全部負担してくれるんだったら私は構わないわ。   (ウィンクする) M: あはは!

---------------------------------------------------------- ★★今週のあなたの課題ニュース・記事★★

“How China is changing the future of shopping”

TED ----------------------------------------------------------

冒頭で中国や韓国のほうが日本よりもグローバル化しているとの お話をしましたが、今日ここでご紹介するTED Talkは 中国のショッピングがアメリカの倍速で携帯を使った イーコマースに移行しつつあることを紹介してくれています。

そしてここでもう一つ気がつくのは、この中国人女性が英語で しっかりとプレゼンしていることでしょう。

TEDで日本人が英語でプレゼンしているのはほとんど見たことが ありません。

■今週の注目Blog&記事■ ---------------------------------------------------------- ◆グローバル化、IT化、ビジネススキル向上◆ ---------------------------------------------------------- ●トランプのエルサレム首都宣言の意図 田中宇宙の国際ニュース解説 http://tanakanews.com/171210jerusalem.htm

●厚切りジェイソン「WHY英語を話せない?」 出世のために勉強しても絶対に上達はしない 日経ビジネス https://goo.gl/FuEErx

◆日本はどこに行くのか?◆ ---------------------------------------------------------- ●「また誰かが餓死するまで…」 生活保護、切り下げ進む 朝日新聞 http://www.asahi.com/articles/ASKBB7V9XKBBTIPE06N.html

●構造不況業種となった銀行に活路はあるか 日経ビジネス http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/120700049/

●リニアも標的に 特捜部「アベ友」案件"狙い撃ち”の真意 日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219315

◆トレンドウォッチ◆ ---------------------------------------------------------- ●焼きそばハイボールに携帯投げ捨て、商社パワハラの実態 ── 20代“下積み”の理不尽 BUSINESS INSIDER JAPAN https://www.businessinsider.jp/post-108211

●「サトシ・ナカモト」の正体と人工知能政府の「神」 カレイドスコープ http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-5340.html

■ 編集後記 ■

 アマゾンからAIスピーカーアマゾンエコーの購入予約 メールが届いたので、早速予約し、先日届きました。

円筒形で直径が8.8cm、高さが14.8cmと思ったより 大きかったです。 まず、セットアップですが、iPhoneにAlexa(Amazonの AI音声認識のプラットフォーム)アプリをダウンロードしました。 その後Echoを電源につなぎます。そうするとEchoの本体の 一番上にあるライトリングが青く光った後オレンジに変わり エコーが挨拶します。 次にiPhoneにダウンロードしたAlexaアプリの指示に従って EchoをWi-Fiに繋いで準備完了。 あとは、アプリの中から必要と思われるスキルを有効化すれば 使えるようになります。 まず、決められたウェイクワードという言葉で呼びかけると 反応します。初期設定は「アレクサ」になっているので、 「アレクサ、音楽をかけて」のように指示すると『〇〇の楽曲をシャッフル再生します」と返事してミュージックが再生されます。 音量を上げたかったら「アレクサ、音量を上げて」というと上がります。 音声認識の精度はかなり高く、きちんと指示に従ってくれます。 反応もかなり速いです。 ただ面白かったのは、ケイティペリーやレディガガ、 モーツアルトやバッハは問題なかったのが、ショパンは何回やっても 違う音楽がかかってしまいました。 さて、何回もやっていると「アレクサ」と呼びかけるのが 面倒になったのでウェイクワードを「エコー」に変えました。

その他、「アマゾン」とか「コンピューター」とかに変えることも できます。 「エコー、明日の天気は?」「エコー、日経のニュースを聞かせて?」 いろいろやってみていたのですが、これは便利と思ったのは、「エコー、明日のスケジュールは?」と聞くとGoogleカレンダーに入れているスケジュールを教えて くれることでした。 朝バタバタしているときに「今日のスケジュールは?」 と聞くと教えてくれるなんていうのは、SF映画の一コマの ようじゃないですか? あと、さっき料理をしているときにボイル時間5分というのが あったので、「エコー、タイマーを5分でセットして」と指示したら5分でタイマーを鳴らしてくれました。 まだ、あまり使っていないのでよくわかりませんが、 結構楽しめそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++ 【マガジン名】  DCECの英会話成功法 【発 行 者】  デラ・クルーズ イングリッシュクラブ

       〒330-0802          さいたま市大宮区宮町2-51大宮蓮見ビル5F         Tel 0486496588 【ホームページ】     http://www.delacruz-jp.com 【ご意見、お問い合わせ先】mgzn@delacruz-jp.com 【登録の変更・解除】http://www.mag2.com/m/0000116393.html ++++++++++++++++++++++++++++++

#グローバル化 #英会話 #ビジネス英会話

0回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.