今の日本の閉塞感を英語で解消しよう

最終更新: 1月21日

----【目次】-------------------------------------------------

・今の日本の閉塞感を英語で解消しよう

今週の注目Blog&記事

・ラーナーさんと協力すればお互いにメリットが

-------------------------------------------------------------




デラ・クルーズでは様々な事業を行っていて脈絡がないのではないかと

思われる方もいらっしゃると思いますが、いかがでしょうか?


日本での英会話事業から始まって、フィリピンで英会話事業を行い、フィリピンで

投資サポート事業、リタイアメントビザ取得サポート、ロングステイサポート

事業を行ってきました。


そこに今回のコロナ騒動が発生して、日本人がフィリピンに行けない状況になり、

フィリピンで実施してきた日本人サポートが中断しているのが現状です。


その中で今新規事業としてスタートしたのが、フィリピンでの日本語教育事業、

そしてベトナムでの英会話教育事業です。


こう見るとなんの脈絡もなく感じてしまうのもやむを得ませんね。


でも、実は、これらの全てが日本を再び元気にすることを目的につながっている

と言ったらイメージが湧くでしょうか?



これを説明するために、現在の日本の課題を整理してみましょう。


1. 少子高齢化の進行


2. グローバル化社会への対応



この二つ以外にももちろん様々な課題はありますが、当社ではこの二つが

かなり重大な課題だと考えています。


少子高齢化からは、次の様な課題の連鎖が発生しています。


1. 少子高齢化の進行から派生する問題


●生産年齢人口の減少→GDPの減少


(すでに1995年の8,716万人でピークを超え2020年1月時点では

 7,612万人まで減少し、1,100万人以上減少しています。

:総務省統計局データ)


これが何が問題かというとGDPの減少に直結してしまうからなのです。

GDPはどの様に決まるかというと下記の数式で表すことができます。


GDP = 人口×1人当たりGDP = 人口×生産性


この数式で人口が減少します。すると当然GDPが落ち込みます。

でも生産性をあげれば人口が減少する分を補えます。

ところが、残念なことに日本はその生産性も低い水準を続け、

2018年時点でOECD36カ国中21位、G7の中では最低という

状況です。


日本生産性本部

https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00619/




●社会保障の破綻


生産年齢人口が減少して日本のGDPが減少すると、日本の社会保障が

破綻します。



●年金・健康保険の破綻


現在の日本の年金は賦課方式と言って、自分が積み立てた年金を運用

したものから受け取るのではなく、年金支給のために必要な財源を、

その時々の保険料収入から用意する方式になっています。

したがって年金保険料を支払う現役世代が減少したら、それだけで

保険料収入が減少します。

そして今の日本は、それと同時に高齢化社会の進行で受給者の人数も

増えていくので、収入が減り支出が増えるという破綻に向かって

一直線という構造になっています。


2020年度の日本の国家予算案の構成ですが、一般会計の総額として

102兆6580億円ですが、その歳出の内訳は下記の通りで、

社会保障費は35%と教育や科学振興に使われる金額の7倍もの

圧倒的金額が使われています。


国債費 23兆3515億円

地方交付税交付金 15兆8093億円

社会保障 35兆8608億円

公共事業 6兆8571億円