top of page

日本が寝ている間にも世界はものすごいスピードで変化している

 

今の世界はすごく動きが早く、中国にしてもフィリピンに

しても私たちが持っているイメージとは全然違う世界が広がっています。


私はフィリピンで仕事をしているので、フィリピンの変化の

速さは肌で感じております。


まず、10年少し前にMarianeの結婚式に呼ばれていった時に、

高層ビルの立ち並ぶマカティ、そして整然とした街並みに

高級なコンドミニアム、オフィスビルが立ち並ぶBGCをみて、

それまでフィリピンに持っていたイメージと全く違う世界に

ショックを受けたのが、フィリピンでTESZARAビジネスを

スタートするきっかけでした。


それでちょくちょくフィリピンに行くようになり

次にびっくりしたのが、マカティでプラスチックの

レジ袋が禁止になったことでした。


今でこそ日本もレジ袋が有料化されエコバックを

持ち歩くようになってきていますが、

フィリピンではもう2013年から禁止になっていて、

しばらくすると、スターバックスなどでプラスチックの

ストローがなくなったのも日本よりもはるかに早かったのです。


そして次に驚いたのがGrabの普及でした。

フィリピンに行き始めたころは、やはり流しのタクシーに

乗るのが心配の一つでした。


料金を余計に請求されたり、回り道をされたり、

いわゆる新興国で困る事の一つでした。


ところが、何年か前からはGrabが普及して、

本当に便利になりました。


Grabは東南アジアで使われている配車アプリで

アメリカなどのUberなどのようなものです。


なぜGrabがいいのか?


GrabはスマホでGrabのアプリを立ち上げ、

今どこにいてどこに行きたいのかを入れると、

すぐに料金が表示され、オーダーを出すと

近くにいるGrabの運転手が、行きますと反応。


すぐにドライバーの名前、電話番号、

車の色とナンバー、今どこを走っているのかが

表示されます。


そして利用者の評価の蓄積も☆の数で

表示されるので優良ドライバーかどうかも

すぐにわかります。


乗る前に料金が決まっているので、

ぼったくられる心配はないし、

大回りしてもドライバーにメリットはありません。


しかもドライバーの個人情報が送られてきているので、

問題があったらすぐにばれてしまいます。

だからドライバーも変なことはできません。


また、呼ぶときにタクシーからコンパクトカー、

大型車、ラグジュアリーカーなど車種も選んで

呼べるのでその時の用途に応じて選べます。


しかも乗る前に行き先がドライバーに

伝わっているので、言葉に自信が無くても

しっかり連れて行ってもらえます。


これは今でも日本よりも便利だと感じます。


そして今週また一つびっくりすることがありました。


それは、Carolがクライアントに小額の支払いの依頼を

する時にじゃあ「GCash」でお願いしますと言っていたのです。


えっ!? 「GCash」ってなに?


コロナになってフィリピンに行かないうちに

どうも新しい仕組みができたようで、

早速調べてみました。


わかったのは、GCashとはスマホでできる

キャッシュレス決済でした。


新型コロナウィルス対策で、現金の受け渡しを廃止し、

キャッシュレス決済のみに切り替える企業も出てきていて、

最近では様々なモールやスーパー、タクシーやレストランなど

でもGCashで支払えるようになっているようです。


GCashは、フィリピンのアヤラ財閥の大手携帯キャリアである

Globeが提供しているサービスで、キャッシュレス決済だけ

でなく、銀行間の振込や携帯電話のロード、オンライン

ショッピングなど様々なものに対応していて、

GCashだと50,000ペソまでは資金移動も無料とか

めっちゃ便利ではないですか。


携帯電話と言えば、フィリピンではSIMカードは空港や

コンビニでも売っているので、フィリピンに出張に行くと、

空港でSIMカードを買って入れ替え、現地の携帯として