在宅勤務の生産性の日米のギャップにびっくり

先週の、DCEC講師で分子ウイルス学の専門家のScottによる

mRNAワクチンの説明はいかがでしたか?


何か知らないことがありましたか?


興味が出た人にご案内です。


3月はDCECの創立記念の月なので、それを記念して

Scottから皆様に下記の講演してもらうことにしました。


タイトル:

「ウイルス生物学とコンピュータ分析との融合」

:コロナウイルスに対する持続的な解決策への研究成果


・ワクチン vs 治療

・コロナウイルスが私たちに与える影響

・ゲノム解析

・数学と生物学との関連性


講師:Scott Eisenhower


日時:3月25日(木)21:00~22:00


Zoomにて開催します。


3月23日までにお申し込みください。


----------------------------------------------------


 さて、先週のブログでご紹介した、

内閣官房の「コロナ禍の経済への影響に関する基礎データ」

はご覧になられましたか?


https://bit.ly/3sLyTui


コロナ禍の中での日米企業の適応比較、在宅勤務の生産性

などを内閣官房と経済産業省が共同で出した調査結果なのですが、

日米のDX化の違いを裏付けるデータが衝撃を与えました。


このデータによると、アメリカ人は在宅勤務のほうが

効率が上がるとした人が41.2%に対して、日本企業は

在宅勤務のほうが効率が上がるとしているのが、

わずかに1.2%と大半が職場に行った方が効率的として

いるのです。


これは何を意味しているのでしょうか?


たぶん、アメリカは働き方がDX化されているので、

オフィスでみんなが集まっていなくても仕事が

スムーズに進むし、通勤時間がないことや、オフィス

での様に邪魔が入らないことで効率が上がっている

のにたいして、日本は紙ベースの仕事が多いから在宅だと、

資料が無かったり、オフィスに届く手紙やFAXを取りに

行かなければならない、ハンコを押しに行かなければならない、

直接会わないと仕事が進まないなど、

DX化が進んでいない結果なのかもしれませんね。





実はこのデータの日米比較のあまりにも大きい日米格差

について今週のウィークリーOCHIAIで話題になって

いました。


今週参加していたのは、落合陽一の他、ベストセラー

「シン・二ホン」 https://amzn.to/2OpDzHo

の著者の安宅和人さん、そして今やコロナ関係でも

売れっ子の慶應義塾大学医学部教授の宮田裕章さん。


NewsPicks

【落合陽一×安宅和人】コロナ後の「シン・ニホン」

について考える。




ここに参加されていた落合さん、安宅さん、宮田さん

からすると、在宅のほうがはるかに効率上がるのに、

この日本の結果は信じられないというものでした。


さて、あなたの会社はどうですか?



--------------------------------------------------------------------

20回の閲覧0件のコメント

DCEC 
(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCEC PH
7F Finman Centre, 131 Tordesillas St., Salcedo Village, Makati City 1227
Phone :  + 63 2 7215 7802

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.