GAFA からBATH、FAANGへ

GAFAってもうみんな知っていますよね。

Google Apple Facebook AMAZONの頭文字をとって

ガーファと呼ばれるようになり知らない人も少なくなっていますが、

では、BATH(バス)はいかがですか?



これは、アメリカのGAFAに対抗して中国の巨大IT企業4社の、

バイドゥ(Baidu)、アリババ(Alibaba)、テンセント(Tencent)、

ファーウェイ(Huawei)の頭文字をとってそのように言われるように

なってきています。


それでは、FAANGはどうですか?

流石にまだ知らない方が多いかもしれませんが、これは

GAFAにNetflixを加えた新しい呼び方です。



つまり動画コンテンツをインターネットを通じて顧客に提供している

NetflixがGAFAに並び称される存在になってきているということです。



そのNetflixの共同創業者のマーク・ランドルフが、Netflixの

創業期を描いた書籍、「不可能を可能にせよ NETFLIX成功の流儀」が

Audibleで出たので、早速購読しました。


GAFAに並び称されるような企業がどのように創業し、成長して

きたのかを読むのは心が躍ります。



さて、今やGAFAと並び称されるほどの巨大な先端企業に

なったNETFLIXですが、創業期には何年も赤字を垂れ流し、