DCECレッスンのディスカッション  Tik Tokをめぐる米中の争いはどうなる!?

----【目次】-------------------------------------------------


・Tik Tokをめぐる米中の争いはどうなる!?

・A Big Black Bug Bit a Big Black Bear

・英語の記事をどうぞ

・今週の注目Blog&記事

・編集後記  

  ベトナム企業とのZoomミーティング

-------------------------------------------------------------



 

9月に入り、朝晩は少し涼しく成ってきましたが、これから心配なのは、

台風です。何年か前までは、台風と言ってもそれほど心配ではなかったのが、

最近の台風は、大型で記録的豪雨、記録的な強風を伴ってやってくるので

本当に心配です。


特に九州地方は年に複数回襲われることがあり心配ですね。


被害を少しでも少なくするためには、私たち一人ひとりが普段から

何を準備して、どの様な時はどの様に対処するかを考えておくことが

必要ですね。


さて、今日は最初に少し宣伝をさせてください。


新しいビジネスDCEC Nihongo CenterがYou Tubeチェンネルを作りました〜。

日本語センターの先生KlingとバイリンガルスタッフのJeniが作ってくれたので

ぜひ、訪問してご覧ください。


そして気に入ったらチャンネル登録をポチッとお願いします。

また気に入った動画があったら、動画にいいねもお願いします。


1回だけですが、英語のガヴァネスGraceも登場しているので、

Graceのラーナーさん、ぜひ、見て、Graceに感想を伝えてください。

きっと喜びます。


https://www.youtube.com/channel/UCnCa6jXsSxnD84Xxm4whRyw







今週は、DCECのGVについて感じることがあったので

そのことについてお話したいと思います。


DCECの特徴として皆様にお伝えしているのは、


1.忙しい方でも毎日隙間時間を利用して実行でき、

英語でコミュニケーション出来る様になる

 「体で覚える英会話」学習法


2. グローバルで活躍を支援するフレンドリーな

 「ビジネスプロフェッショナル講師」


当然、この特徴にあうガヴァネスを採用、研修して皆様にレッスンを

ご提供しておりますが、今週、改めて質の高い講師を実感しました。


実は、皆様のレッスンを担当してきたFaithとStepが大学院で

博士課程を修了し、Phdとして新たなキャリアをスタートすることに

なったため、彼らの後任になる講師を採用し、研修しております。


今週、その研修の一環で、新人の模擬レッスンの生徒役を務めました。

最近、生徒役をやっていなかったので、数年ぶりに楽しくレッスンを

受講しました。


そこで感じたのが講師の質の高さです。


テキストのトピックがITビジネスの交渉場面だったので、内容が

IT関係で、ディスカッションした内容が下記の様な内容になります。


あなたの会社は、データをどの様に保管していますか?


会社の集中したデータセンターですか?

オフィス内で管理しているのですか?

awsの様な外部のクラウドサービスですか?




今のコロナ時代は、どの様なデータベースストレージが最適だと

思われますか?


今クラウドサービスが広まっていますが、今、あなたの会社で使うとしたら

どの様な課題がありそうですか?


セキュリティはどの様に確保したらいいと思われますか?


話は変わりますが、あなたは写真をどの様に管理していますか?


「う〜ん、iPhoneを使っているからiCloudにそのまま入れてるけど」

「私はたくさん写真を撮るからiCloudのストレージだと容量が足りなく

なっっちゃう」

「だったらAmazon Photo」だったらプライム会員は無制限だから

いいんじゃない」

「ヘ〜、知らなかった」


「今、アメリカと中国の争いがあげしく成っているけどTilTokは

どうなると思う?」





などばど、楽しくディスカッションができました。


どうですか?

あなただったら、それぞれどの様に答えますか?


ビジネス英語を学ぶとは英語そのものだけではなく、ビジネスの

交渉の仕方や知識を学べなければいけないので、その様な基準で採用

しています。


レッスンでこの様なディスカッションをしなければならないとすると

普段からいろいろ興味が湧いてきて、ビジネスでもその知識が

活きてきます。


ただ、残念なことは、日本の大学や高校、大手スクールで英語を

教える経験豊富な英米人がよく応募してきますが、彼らにビジネスの

質問をすると、今回の様な専門的なものでなくても答えられない

講師が多いのが実際のところです。


結果的にDCECの講師は、日本で英会話講師を長くやっています

という様な人はあまりいなくなります。


さて、Vol. 844のメルマガで英語を身につけるためには

「英語を身につけるのはあなたの意識の転換が必要」

という記事で、英語を勉強ではなく、英語で好きなことをやるのが

大切というお話をしました。


そうしたら、おんなじ事を言っているYouTUbeビデオを見つけたので

ご参考にご紹介します。


●英語で好きなことをやる

https://youtu.be/SNwMMEGMnGA?t=171


----------------------------------------------------------

■A Big Black Bug Bit a Big Black Bear


Characters: C - Chan; K - Kenta


A GV and a learner in class talking about the zoo


K: My son had a ball last weekend at the zoo.

  He really enjoyed looking at the animals.

C: Oh, you went to the zoo. Come to think of it,

I remember you mentioned something about going

to the zoo a few weeks ago.

K: Yeah. We went to the zoo last weekend.

The lions were my son’s favorite among

all the animals there.

C: He’s a fan of the king of the jungle, eh?

K: As a matter of fact, he even convinced us

to buy him a Lion style jacket.

C: Hahaha. You have a young cub with you, then.

Anyway, how about you? What’s your favorite animal?

K: Well, I prefer bears to lions. Alas, I was not

able to see the black bear at the zoo.

Some kind of a large black insect bit the bear.

So it was injured the day before we went there.

I heard it was still bleeding back then and

was still crying loudly because of the pain.

C: That sounds awful. So a big black bug bit

a big black bear and made the big black bear

bleed blood and bellow and bawl.

K: Absolutely.




●Vocabulary:


have a ball       楽しむ

come to think of it…   考えてみると、そういえば

mention        ~のことを話に出す

fan           ファン

among          ~の中で

king of the Jungle    ジャングルの王

eh           ~ね、でしょう?

as a matter of fact…  実は、実を言うと...

cub           (ライオン、虎、狼など肉食動物の)の子ども

prefer ~ to ---     ---より~が好き

alas           残念ながら、悲しいかな

black bear       クロクマ(黒熊)

injured         けがをした、傷を負った

bleed          血が出る、出血する

that sounds awful    それはひどいね、ひどい話だね

bellow          大声で泣く

bawl          大声で叫ぶ、わめく



●Comprehension Questions


What happened to Kenta’s son last weekend?


 a. Kenta’s son caught a cold

 b. Kenta’s son went to the hospital

 c. Kenta’s son had a ball last weekend at the zoo and really enjoyed

  looking at the animals

 d. Kenta’s son was lost at the park


What kind of animals was Kenta’s son’s favorite?


 a. Kenta’s son likes hawks more than lions

 b. Kenta’s son likes black bears

 c. Kenta’s son likes lions

 d. Kenta’s son likes snakes


What kind of animal does Kenta prefer?


 a. Kenta prefers lions over bears

 b. Kenta prefers bears over lions

 c. Kenta prefers the Bandits over the Hawks

 d. Kenta prefers hawks more than lions


What happened to the big black bear?


 a. A big black bug bit the big black bear and made the big black bear

  bleed blood and bellow and bawl

 b. A big brown buck bit a big black cat behind the bushes

 c. A big black bear bit a big brown buck behind the bushes

 d. A big black bear bit a big brown bear behind the bushes where

  a big brown buck bellowed and bawled




■大きな黒い虫が大きい黒い熊を噛んだ


C-チャン K-ケンタ


講師とラーナーは動物園について話しています。


K: 先週末息子が動物園ですごく楽しんできたよ。

  動物を見るのをとても喜んでた。

C: へえ、動物園に行ってきたんだね。そういえば、数週間前

動物園に行くことについて言ってたよね。

K: ああ。先週末行ってきたよ。そこの動物の中で息子は

ライオンが一番のお気に入りなんだ。

C: ジャングルの王のファンだね。

K: 実を言うと、ライオン風のジャケットを買うように説得され

さえしたよ。

C: ハハハ。じゃあ君には幼獣がいるんだね。ところで、

君はどう?好きな動物は何だい?

K: そうだな、僕はライオンよりクマの方は好きだな。残念ながら

動物園ではクロクマは見られなかったけど。何か大きな黒い虫に

刺されたみたいなんだ。僕らが行く日の前にけがをしたんだって。

その時はまだ血が出ていて痛くて大声で泣いていたって聞いたよ。

C: それはひどい話だな。つまり、大きな黒い虫が大きい黒い熊を

噛んで黒い熊を出血させ泣いたり叫んだりさせたってわけだね。

K: その通り。




----------------------------------------------------------

★★英語の記事をどうぞ★★


英語を身につけるためには、勉強ではなく英語に接する時間を

増やすのがいちばんの近道です。そこで、ここでは毎週様々な

英語の記事を配信しています。



●California wildfires: Smoke turns skies orange

BBC

山火事でサンフランシスコが火星の様なオレンジの世界に

https://bbc.in/2ZvJ9uz


●How technology will transform learning

in the COVID-19 era

WORLD ECONOMIC FORUM

コロナ時代、人生100年時代にテクノロジーは教育にどの様な

影響を与えていくのでしょうか?

https://bit.ly/3h8UIhn


●Stunning Places to Discover in Japan Off the Beaten Path

INVISIBLE tourist

日本の美しい観光地の紹介ブログ

https://bit.ly/3ik6w1G


●Moria migrants: European countries agree to take minors after fire

BBC

ギリシャの難民キャンプの火災で、ヨーロッパの10か国が孤児の受け入れに合意

https://bbc.in/3hm2vbq


●Coronavirus: 10 ways leaders can support their teams whilst

 working remotely

World Economic Forum

COVID-19のパンデミックにより、これまで以上に多くの従業員が在宅勤務をしています。

ハーバードビジネススクールの学者は、リーダーがチームをサポートする方法について

アドバイスを提供しています。

https://twitter.com/wef/status/1304374128221200384?s=20


●Here's how international travel has suffered during the pandemic

World Economic Forum

コロナ禍は世界の旅行者を半減させた

https://www.weforum.org/agenda/2020/09/coronavirus-cuts-international-tourism-in-half


●Does getting coronavirus make you immune?

BBC 動画

コロナに感染すると免疫ができる?

https://www.bbc.com/news/av/53319735


●Citigroup's Jane Fraser first woman to break

Wall Street's glass ceiling

rappler.com

ウォール街のガラスの天井が初めて破られCitigroupに女性の

CEOが誕生

https://rappler.com/business/citigroup-names-jane-fraser-first-woman-ceo



■今週の注目Blog&記事

----------------------------------------------------------

◆グローバル化、IT化、ビジネススキル向上

今のグローバル化の中、今の日本はこのままでいいのかな

という様な気になる発信をご紹介します。

----------------------------------------------------------

●入れるのは一部の招待客だけ!

オープン直後のAmazon Freshで買い物をしてみた

BUSINESS INSIDER

https://www.businessinsider.jp/post-219590


●【現地発】日本と大違い。米国でオンライン授業が進む理由

NewsPicks

https://bit.ly/3m6GO2L


---------------------------------------------------------

ちょっと気になるニュース

----------------------------------------------------------

●肺や免疫、脳にも……COVID-19が体に与える影響

BBC

https://www.bbc.com/japanese/video-54100724


●安倍首相7年8カ月の“迷言集”をまとめたら、

「やってる感」と「ごまかし」のオンパレードだった

文春オンライン

https://bunshun.jp/articles/-/40114


●新型コロナウイルスは再感染する

やがてインフルエンザのような感染症になる日が来る?

日経Gooday

https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/090800704/



---------------------------------------------------------

あなたの価値を上げる情報

----------------------------------------------------------

■ITスキル向上


●【超便利】意外と知らない「Microsof t 365」活用

https://bit.ly/3m1e6Ap


■今さらながら経済政策を理解しよう


●【動画解説】わかりにくい「経済政策」を、視覚的に理解しよう

https://bit.ly/339XhdX


■英語力向上


●【太田雄貴】「通じる英語」が、アスリートの“未来”をつくる

https://newspicks.com/news/5179784/body/




----------------------------------------------------------




■ 編集後記 ■



今週は、新規事業の打ち合わせでベトナムの会社とZoom

ミーティングを行いました。


今回のミーティングで感じたのは、継嗣者が若いこと。

そして、会社が成長しているので自信を持っていることでした。


相手企業の社長は、日本の奨学金をえて大阪大学で学んだ女性で、

多分30代前半ではないでしょうか?


一緒に出てきた副社長の男性も同世代。

二人とも日本に留学していたとのことで、日本語が話せるので、

日本語でのミーティングになりました。


ただ、そうするとDCECのマネージャーは日本語が話せないので

英語で話します。


今度は、相手の会社のメンバーが英語を話せないので、ゴックさんが

ベトナム語に通訳するというという様なちょっと変わったミーティン

グになりました。


でも、コロナの時代で、この様に海外との初めてのミーティングも

Zoomで行うことが当たり前に成ったので、今後、ますますグロー

バル化が加速していくのを感じたミーティングになりました。





 ++++++++++++++++++++++++++++++


【マガジン名】  DCECの英会話成功法

【発 行 者】  デラ・クルーズ イングリッシュクラブDCEC

       〒330-0802 

       さいたま市大宮区宮町2-51大宮パークビル5F

       Tel 0486496588

【ホームページ】    https://www.delacruz-jp.com

【ご意見、お問い合わせ先】mgzn@delacruz-jp.com

++++++++++++++++++++++++++++++







9回の閲覧0件のコメント

DCEC 
(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCEC PH
7F Finman Centre, 131 Tordesillas St., Salcedo Village, Makati City 1227
Phone :  + 63 2 7215 7802

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2020  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.