DCECの英会話成功法*もう後がない日本のコロナ状況

◆◆DCEC's Enjoyable English World and Useful Business Tips◆◆



ビジネスプロフェッショナル講師の英会話スクールDCECの

          英会話成功法ー英語で人生を成功に導く


April 25, 220 vol.826



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆Dela Cruz English Club◆◆◆◆◆◆◆◆◆



----【目次】-------------------------------------------------

・もう後がない日本のコロナ状況

・Missing Memories

・英語の記事をどうぞ

・今週の注目Blog&記事

・編集後記 

  英語で世界と同時に情報を受信する

-------------------------------------------------------------



コロナ感染拡大の状況が本当に切羽詰まったところまで来てしまい

ました。


みなさん、本当に外出を控え、感染しないように中止してください。



現在の状況は、医療現場でマスクやガウンなどの防護服などの医療

装備が不足し、院内感染がひろがり、東京都区部全域を対象にした

広域基幹病院の東京都立墨東病院の救命救急センターが停止に

追い込まれるなど医療崩壊が進む一方、路上で変死していたとして

警察が処理していた人がコロナ肺炎だったと判明するなど、

武漢の最悪期のような様相を呈し、益々混沌として、とても終息に

向かっているようには思えません。


●感染症の指定医療機関の「都立墨東病院」救命救急センターの停止

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200422/1000047811.html


●大阪の3次救急、4病院が休止 コロナ重症者受け入れ─専門学会「医療崩壊の始まり」JIJI.com

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041701129&g=soc


●変死後にコロナ「陽性」判明、全国で11件 TBSニュース

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3960384.htm


ニューヨークやイタリアでさえも感染者が減少に向かう中、

日本は相変わらず充分なPCRをせず、感染者の実際がわからない

状態です。


感染者数を東洋経済がまとめてくれていますが、これを見ると

このような危機的状況下にあるにもかかわらず、4月18日の

東京でPCR検査がゼロであるなどどこに向かっているのか

わかりません。


https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/


慶応大学病院で新型コロナウイルス以外の患者について、

ウイルス検査をした結果、およそ6%が陽性だったとし、

「地域での感染状況を反映している可能性がある」と

発表されましたが、これは1000万人の東京都の人口の6%、

すなわち60万人が感染している可能性があるという事です。


●無症状患者6%が陽性 地域の状況を反映か

FNN

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200423-00135621-fnn-soci



ここにきて、専門家会議の勧めによって自宅で様子を

見ていたコロナ患者が埼玉で相次いで死亡し、また俳優の

岡江久美子さんも自宅療養中に亡くなりました。



●埼玉 自宅待機の50代男性死亡

NHK

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200422/1000047851.html


●埼玉でさらに自宅待機中の70歳男性死亡 

入院希望も受け入れ先なく

毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20200423/k00/00m/040/215000c


●新型コロナ死去の岡江久美子さん

発熱から自宅療養4日間に悪化?

医師の指示「様子を見ましょう」は正しかったのか?

モーニングショー

https://www.j-cast.com/tv/2020/04/24384902.html?p=all




日本の不幸は、政府や政府の専門家の発表する内容が

信じられないことです。


専門家会議の勧めで


「37.5度以上発熱が4日以上続く、倦怠感や呼吸困難が

ある場合は「帰国者・接触者相談センター」に相談を─厚労省


と毎日のようにマスコミで言われていたのが、今回の

岡江さんや埼玉の死亡を受けて、専門家会議は、


「4日様子を見てとは言っていない」と言い出しました。


●コロナ専門家会議「”4日様子みて”言ってない」

と虚偽説明…検査抑制で在宅死亡者増加か

Business Journal

https://biz-journal.jp/2020/04/post_153919.html


緊急事態宣言で休業要請するのであれば補償とセットで

と要求する野党に対して安倍首相は

「休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、

わが国の支援は世界で最も手厚い」とこたえましたが、

今ではこれが嘘という事はみな知っています。


衆院本会議で、「ピーク時の患者想定数に対する病床数

や医療機器の確保はどうなっているのか」という塩川

鉄也衆院議員の質問に対し、安倍首相は

「ピーク時の入院患者数等は現在集計中ですが、治療

のために必要な病床としては、現時点において感染症

指定医療機関の病床を最大限動員し、2万5000床を

超える病床を確保しております」と答弁していたが

実際は半分以下の1万床!


●<コロナ 医療を守ろう>コロナ病床数 政府過大公表 

空きベッド数=対応病床扱い 自治体困惑

東京新聞

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020041790071048.html



あのノーベル賞学者の山中教授ももう我慢できなくなって、

コロナウイルス情報を毎日のように発信するようになっています。



●山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

日本の状況

https://www.covid19-yamanaka.com/cont3/16.html


●各国の比較

https://www.covid19-yamanaka.com/cont3/17.html



このままでは、世界が終息に向かう中、日本だけが取り残され、

その無策を世界から非難される日が訪れてしまいそうです。


そうならないために、日本が今すぐに取り組まなければ

ならないのは、


1.休業要請に対する補償の徹底をして

  外出80%以上削減

2.PCR検査の徹底

 (ドライブスルー、電話ボックス検査の導入)

3.PCR検査で見つかった感染者の隔離

4.軽症者向けホテルの確保

5.医療現場への医療装備の国を挙げての供給

  マスク、防護服、人工呼吸器その他

6.コロナの影響で職を失った者への補償

  ベーシックインカムの導入検討

7. 毎日首相(もしくは官房長官)のコロナ感染対策

  会見の実施

  毎日CPR検査の実施数と感染者の増加数、退院数、

  死亡数、感染者受入可能病床数、不足数、人工呼吸器

  増加計画と実績、院内感染の状況などの情報など

  政府の医療崩壊の対策状況の報告と、自粛補償対策

  政策実施状況の報告

8. 小池知事の毎日の会見実施

  小池知事は、やっている感を出すのが上手ですが、PCRの

  検査は進まず、都立墨東病院が医療装備の不足のSOSを

  出しても効果的な対策をできずに院内感染を広げています。


アメリカでは、トランプ大統領とニューヨークのクオモ知事が

上記のような会見を毎日実施しており、ニューヨークは

感染爆発の状況の中でもきちんとした情報が毎日得られ、

安心できると評価が広がっています。


ぜひ一度クオモ知事の会見を見てみてください。


●4月22日 - クオモNY州知事の会見

よしログ

https://note.com/yoshilog/n/n7782ad229ba8

https://youtu.be/L4tgjpaBzx4?t=48



今、政府はコロナ終息後の需要喚起「GO Toキャンペーン」

の予算を策定していますが、今、国民の生活を保障しないと

<