韓国で日本のビールの輸入が前年比97%の激減 Bloomberg


今日本では、韓国バッシングの嵐が吹き荒れていますが、政権の失政隠しの韓国バッシングに国民も乗せられると大切な貿易のパートナーの韓国を失い、観光客の激減やそれぞれの企業が必死の努力で開拓してきた韓国市場を失い、日本人が自分の首を占めていることに早く気がつかなければなりません。

「韓国人観光客、九州を中心に激減「影響がいつまで続くか見通せない」

【日韓経済戦争】耐えるしかない日本企業の無念 ユニクロ、サッポロ、ホンダ、トヨタ、無印良品......

そんな韓国と日本の状況をアメリカのBloombergが伝えています。

South Korean imports of beer from Japan plunged 97% in August from a year earlier, a local newspaper reported, amid a popular backlash against Japanese products that has spread as relations between the two countries sour.

South Korea imported just $223,000 worth of Japanese beer in the month, down from $7.57 million a year earlier, the Maeil Business Newspaper said, citing preliminary data from Korea Customs Service. Japan has held the largest share of South Korean beer imports every year since 2010, with sales surging more than sixfold by 2018 to $78.3 million.

Japan’s largest publicly traded brewers such as Asahi Group Holdings Ltd., Kirin Holdings Co. and Sapporo Holdings Ltd. all export beer to South Korea, and had in previous years cited growth in that market as promising.

The boycott of Japanese goods has spread since Tokyo first imposed export restrictions on key chip materials in July, and worsened as the spat grew to include South Korea’s preferential trade status and an intelligence-sharing agreement.

Read more on what the Japan-Korea feud means for companies and markets

Consumer-facing brands have been hit particularly hard, with consumers boycotting clothing from Fast Retailing Co.’s Uniqlo, and sales of Japanese cars also falling. Tourism to Japan, a key economic driver of Prime Minister Shinzo Abe’s government, has also been impacted as Korean tourists cancel travel plans and airlines scale back flights.

The trade dispute may not be without its winners, however--shares in South Korean brewer Hite Jinro Co. have risen to the highest level in more than a year amid swift sales of its new beer.

全文はこちらからどうぞ。

韓国の日本からのビールの輸入は、両国の関係が悪化した日本製品に対する人気の下落の中で、8月に前年比97%急落した。 Maeil Business Newspaperは、韓国税関の暫定データを引用して、同月に韓国が輸入した日本のビールはわずか223,000ドルで、前年の775万ドルから減少したと述べた。日本は2010年以来、毎年韓国のビールの輸入で最大のシェアを占めており、2018年までに6倍以上の売り上げを記録し、7,830万ドルに達しました。 アサヒグループホールディングス株式会社、キリンホールディングス株式会社、サッポロホールディングス株式会社などの日本最大の公開醸造業者はすべて、ビールを韓国に輸出しており、以前はその市場での成長が有望であると言及していました。 日本商品のボイコットは、7月に東京が最初に主要なチップ材料に輸出制限を課して以来広がり、韓国の優先貿易状況と情報共有協定を含むようになったために悪化した。

日韓の確執が企業や市場にとって何を意味するかについてもっと読む

消費者向けブランドは特に大きな打撃を受けており、消費者はファーストリテイリングのユニクロの衣類をボイコットし、日本車の販売も減少しています。韓国人観光客が旅行計画をキャンセルし、航空会社がフライトを縮小しているため、安倍首相の政府の主要な経済的牽引者である日本への観光も影響を受けています。 貿易紛争は勝者なしではないかもしれないが、韓国ビール醸造業者であるHite Jinro Co.の株は、新しいビールの迅速な販売の中で1年以上で最高レベルに上昇した。

#Bloomberg #韓国

5回の閲覧

DCEC(Dela Cruz English Club)

330-0802

さいたま市大宮区宮町2-51

大宮パークビル5F

Tel:048-649-6588

DCECフィリピンマカティ校
22A Chatham House,
116 Valero St., Salcedo Village
Makati City, Philippines 1209
Phone :  +632-8-550-1376

 

あなたにあった学習方法のお問い合わせや体験レッスン前の資料請求は下記よりどうぞ。

Join us on:

 

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • YouTube Classic

© 2017  Proudly created by     

    Dela Cruz Co., Ltd.