毎日更新 English Article 英語に慣れてあなたのツールに


英語を身につけるためには、勉強ではなく英語に接する時間を増やすのがいちばんの近道です。そこで、DCECでは、毎日様々な英語の記事を配信しています。

記事の内容は、the New York TimesやBBCなどのいわゆる高級紙と言われる新聞からは、日本について書かれているけれども日本のマスコミで報道されている内容とは違うイメージの記事を紹介したりする一方で、日本を訪れた外国人が日本について書いたブログなどの軽い読み物も掲載していきます。

ブログの記事の良いところは、それほど難しい言葉や構文が出て来ずに気楽に読めるところですが、中には文法や表現が適切ではない部分もあるかもしれませんが、そのようなことをわかった上で読んでいただければ、気軽に英語を読む習慣を作る助けになると思います。

では、お楽しみください。

 

August 14, 2019

Thanks to Japan's strict recycling culture, less than 5% of the country’s rubbish ends up in landfills

The Economist

今、世界の環境保護に対する取り組みは日々進んでおり、ここでご紹介している各国の取り組みもびっくりすることが多く、日本もより環境保護を意識しないといけないと思わされることが多いのですが、今回はイギリスのエコノミスト誌が、日本の家庭で使われる機器のリサイクルについて素晴らしいと取り上げてくれたのでご紹介します。

国に資源が少ないのでコンピューターや食器洗浄機などの金属は98%がリサイクルされています。

The Economist Facebook Page

 

August 13, 2019

Concerns rise with Tokyo heat after rowers treated at Olympic test event

The Guardian

毎日酷暑が続いていますが、この暑さの中で本当にオリンピックなんてできるのでしょうか?

イギリスの高級紙ザ・ガーディアンが12日月曜日に懸念を伝える記事を配信しました。

ガーディアンによるとオリンピックのテストイベントでボート競技に参加したイギリス人3人を含むアスリートが熱中症のために競技後まともに歩けずに治療をうけ、また、その他のアスリートも表彰式でよろめいていました。これの心配は観客にも言えることで、東京都は予算カットのために日差しを遮る屋根は2,000人の観客席の半分しかカバーしないので日傘で日陰を作っていた。

British athlete among those treated for heatstroke Concerns also raised about wellbeing of spectators

Three rowers, including a British competitor, were treated for apparent heat exhaustion and several others appeared to be unsteady on their feet during an Olympic test event in Tokyo at the weekend, underlining concern about the safety of athletes and spectators at next summer’s Games.

The British rower was stretchered to a medical station after he was unable to move following his race during Sunday’s world rowing junior championships at Sea Forest Waterway, the venue for the Tokyo 2020 rowing events. Tokyo Olympics construction worker dies from suspected heatstroke Read more

Reports said the athlete, who has not been named, and two other participants required medical treatment after displaying symptoms of heatstroke. Kyodo news agency said several other athletes appeared to be “staggering” during the award ceremony.

この続きはこちらからどうぞ。

Tokyo Olympics construction worker dies from suspected heatstroke

The Guardian

ガーディアンは、国立競技場の建設作業員が死亡し熱中症が原因と疑われると報じています。

Japan’s capital has had temperatures above 31C for two weeks, prompting fears for 2020 Games’ athletes

Heatstroke is suspected in the death of a worker at a Tokyo Olympics construction site, NHK national television has said, as the Japanese capital swelters through a scorching weather that has killed dozens of people.

Soaring temperatures have killed at least 57 people across Japan from 29 July to 4 August, highlighting the health threat to athletes and fans that is one of the biggest challenges for Olympics planners. Thousands of Tokyo commuters told to work from home to avoid Olympic crush Read more

A 50-year-old construction worker who had been laying cable outside Tokyo Big Sight, which is being renovated to serve as the media centre for Tokyo 2020, was found unconscious on Thursday afternoon and taken to hospital, where he later died, NHK said.

Police were quoted as saying that conditions at the site suggested heatstroke may have been the cause, the broadcaster said, but police declined to confirm the report and Tokyo 2020 organisers were not immediately available for comment.

※heatstroke 熱中症

アメリカのウォールストリートジャーナルも暑さにより死者の数が増加するとより刺激的な見出しで報じています。

Tokyo Olympics Planners Are Feeling the Heat as Summer Death Toll Soars

THE WALL STREET JOURNAL

 

August 12, 2019

What You Need to Know To Sell Services (and Saas) in Japan

disrupting Japan

あなたはInfoSys(インフォシス)というインドの会社を知っていますか? これはインドのシリコンバレーと言われるバンガロールに本社がある世界有数のITコンサルティング・ビジネスコンサルティング・テクノロジー・エンジニアリング・アウトソーシング・ソフトウェア開発企業です。

https://www.infosys.com/

今回、そのInfoSysの日本法人InfoSys japanのCEOSriram Venkataraman のインタビューをポッドキャストで聞きました。

日本人としてこれからグローバルに活躍するためには何が欠けているのかがわかるインタビューです。

インタビューアーが、日本で良いチームを作るためのアドバイスがないか確認したところ、「日本でビジネスをしない法という本を書くよ」との答えでした。日本のビジネスの進め方がアメリカなどと比べていかに違った進め方をしているかということ以外に日本人の採用についてもその苦労を語っています。

まず、日本人を面接しても、その応募者と英語でコミュニケーションをとるのが本当に大変であるということ、逆に英語をスムーズに話せることを優先して採用したら仕事ができない人間ばかりだった。

では、英語でコミュニケーションをできる帰国子女を採用したら、日本の商習慣を知らないので役に立たない、では大学の新卒を採用しようとしたらその学生の母親が、そんなインドの会社なんか入ったらダメと反対する。

そう、外資系企業が日本で活躍するのが本当に大変なことは、この人材を採用するという一点に限っても大変なことで、日本人を採用できないと、日本の商習慣はやはり海外と大きく違うのでなかなかうまくビジネスを展開できません。

英語力がない日本人が海外でビジネスをするのはなかなか大変ですが、日本にいれば英語なんか必要がないという人も、これからは英語を話せなければ海外の会社が日本に来他時も仕事ができず苦労するということです。

でも、このインフォシスの日本法人のCEOの話を聞くと、今、英語でビジネスをできるようであれば日本に来る外資系企業に採用されるのが圧倒的に有利だということも言えます。

いかがですか?

あなたも今のうちに英語でビジネスできるようにして、外資系企業で活躍できるようにあなたの価値を上げませんか?

インフォシスのSriram Venkataramanのインタビューは下記リンクからご覧ください。

音声と文字のスクリプトもあるので英語の勉強にも最適です。

DJ Selects: What You Need to Know To Sell Services (and Saas) in Japan https://bit.ly/2MaSP8D

Transcript Welcome to disrupting Japan straight talk from Japan’s most successful entrepreneurs.

I’m Tim Romero and thanks for joining me.

I’ve got another great Disruption Japan Selects show this week. And this show, well this was one of those conversations that have really stuck with me over the years. In fact, if you are interested in selling to large Japanese enterprises, then this might well be the most insightful conversation that’s ever happened on the topic in English.

Over the course of a decade, Sriram Venkataraman grew Infosys Japan from one employee to well over 1,000 before retiring to work with startups. In this episode, we cover why so many foreign companies have trouble selling to Japanese enterprise, and the one critical thing you need to do if you have any hope of building a long-term business.

And afterward, I’ve got an update for you. I caught up with Sriram the other day and I mentioned that the recent popularity of SaaS products seems to contradict some of the advice he’s about to give. But it turns out it doesn’t.

The successful Japanese SaaS companies are playing by very similar rules to those we outline in our conversation. and I’ll give you that update at the end of the episode.

So please enjoy the show.

全文はこちらからどうぞ。

 

August 11, 2019

Mexico City is trying to reduce the 13,000 tonnes of waste it produces every day

World Economic Forum

さて、今週の世界の環境保護に対する取り組みは、メキシコをご紹介します。

メキシコシティは毎日13,000トン出るゴミの削減に取り組んでいます。 そしてゴミを燃やした熱で発電し、地下鉄を走らせます。 また、来年にはビニール袋を禁止し、2021年までには、プラスチックカップ、ストロー、フォークナイフなどの食卓の食器などSingle-useプラスチックが禁止されます。

ビデオはこちらからどうぞ。

 

August 10, 2019

This Pittie Can't Sleep Without His Little Girl By His Side

the dodo

今日は小さな女の子、Scarlettと仲良しの愛犬pit bullのLebowskiの微笑ましいお話をシェアいたします。

Scarlettちゃんが4歳、Lebowskiが10週だった時から一緒に育っている二人。

ある時から、Lebowskiにハウスというと一目散にScarlettちゃんのベッドに潜り込んで一緒に眠るようになったそうです。

One little girl named Scarlett has discovered the secret to a good night’s sleep: her 99-pound rescue pit bull.

The Geiger family adopted Lebowski from Priceless Pet Rescue four years ago, and as soon as Scarlett met the puppy, the connection was instant.

“When Scarlett met Lebowski she was 4 and he was 10 weeks,” Jennifer Geiger, Scarlett’s mom, told The Dodo. “She was so smitten with his cute face and loved everything about her puppy! I'd say they both took to each other immediately.”

Lebowski started following his big sister everywhere, copying whatever she did. The puppy played dress-up, joined tea parties and watched as she did her homework.

全文はこちらからどうぞ。

 

August 9, 2019