英語を身につけるのはあなたの意識の転換が必要

----【目次】-------------------------------------------------


・英語を身につけるのはあなたの意識の転換が必要

・Sunday Morning

・英語の記事をどうぞ

・今週の注目Blog&記事

・編集後記  

  早速オンライン手続きが始まったと思ったら。

-------------------------------------------------------------



今週一つ嬉しいことがありました。

かつて中学、高校生の時にDCECに通っていたラーナーさんが、

その後アメリカの大学に留学され、卒業して就職したのですが、

やはり英語力をさらに上げる必要があると、久しぶりぶりにDCECに復帰して

いただいたのです。


覚えているのは少年の面影だけだったのが、すっかり背も高くなり

立派な青年になっていて、歳月の流れを感じました。


会社ではやはり海外のお客様とのコミュニケーションがあるので

さらに英語力を伸ばす必要を感じているとのことでした。


成長してグローバルに活躍する姿を見られるのは嬉しい事です。


さて、先週「日本再生に必要な英語力向上」という記事を書きました。


日本人は日常的に英語を使っていないため、現在の世界の状況がわかって

おらず、いまだに日本の一人当たりGDPが世界のトップだった頃の

イメージを持ち続けているため危機感が生まれないのです。


日本は歴史的に危機に直面するとてつもなく驚異的な力を発揮して

きました。


幕末に黒船が来て彼我の歴然とした差を目にして、危機感で日本中が

大騒ぎになり、倒幕、明治維新そして富国強兵へと突き進み、世界の大国

ロシアに戦争で勝つほどになりました。


しかし、日清、日露戦争の経験から、さらに強大なアメリカに戦争を仕掛け、

日本中が焼け野原になる経験をいたしました。


当然、日本人全員の目に、日本の危機が顕在化し、日本人の驚異的な

力が発揮されます。


日本中が焼け野原の状態から立ち上がり、カメラはそれまでは、ドイツの

ライカを目標にしていた日本企業のニコン、キヤノン、ペンタックスなど、

がカメラは日本という地位を築きました。


時計はスイスの絶対的な地位を、セイコーがクォーツの腕時計を世界で初めて

実用化して、時計も日本になりました。


その後、家電製品から、液晶、ロボット、自動車、あらゆる分野で世界の

トップに上り詰めていったのが日本の力です。


ところが、20世期の最後になって、インターネットの普及から世界が

グローバル化し、英語で世界中がコミュニケーションする中、日本は

取り残され、ゲームのルールが変わってしまったにもかかわらず、未だに

それに気付いていないため、本来日本人が持っている危機に発揮される

驚異的な力は眠ったままになっております。


日本人が世界の現状をしっかり把握して、日本人の底力を発揮して

再び豊かな日本になるためにも、このメルマガ読者のあなたはしっかり

英語力を上げて世界の動きを周りの人にも伝えていただきたいのです。


では、英語力を上げるためにはどうしたらいいのか?


これは読者の皆様全てが興味があることでしょう。


そこで今日はここで重要な秘訣をお伝えします。


それは、英語に対するあなたの意識を真逆に転換することです。


「えっ!なに?」


すみません、いきなりそんなことを言われても何のことかわからないですよね。


では、一つ質問をします。

あなたの英語力をつけることに対する意識はなんですか?


「う~ん。TOEICの点数を上げる」

「文法があやふやだからしっかり身につけたい」

「ボキャブラリーが足りないから、もっと単語を覚えたい」etc, etc


これらって、結局、あなたにとって「英語」は勉強の対象ということではない

ですか?


そして「勉強」と思った瞬間に、「頑張らなくっちゃ」「でも大変だなあ」

「今日は1時間も勉強したからがんばったぞ」

こんなふうに感じてしまいませんか?


でも、英語ができる様になったら、何ができるのでしょうか?


「外国人と自由に話せる様になる」

「海外旅行でも自由に歩ける様になってもっと楽しくなる」

「映画だって字幕なしで見られる様になる」

「音楽だって、歌詞が理解できた方がメロディだけよりも

 倍楽しめる」

「外国の情報に自由にアクセスできる様になり、趣味の情婦おも自由に

手に入れうことができる様になる」


などなど楽しいことがいっぱいではないですか?


そう、英語を身に付けるのは「勉強」ではなく、自分の夢を叶える

スキルを身につけることなのです。


自分の好きなことをやるためのスキルを身につけるのって、

楽しいですよね。そして気がついたらあっという間に何時間も

過ごしていないですか?


あなたは、ビデオゲームが好きですか?

今、いろいろあって楽しいですよね。


でも、新しいゲームを初めて触った時って、なかなかうまく操作

できないですよね。スキルを身につけるには、結構な時間ゲームを

やらないと、なかなか上達しないですよね。


でもそのスキルの向上に時間をかけるのは、苦痛ではなく、夢中に

なって何時間も取り組んでしまいますよね。



また、スポーツはどうですか?


ゴルフを身につけたいという人は、月に2回コースに出るだけでは

なかなか上達しません。


だから一生懸命打ちっ放しに行って練習したり、ゴルフの本を買って

きて読んだり、ゴルフ道具を見に行ったりウェアを買いに行ったり、

すごい時間をかけ投資をしますよね。


それは自分が楽しいから、好きだからですよね。


では、英語はなんで同じ様に楽しまないのですか?


「だって、英語とゲームやゴルフは違うよ」


ふーん、そうですか?


では、これはどう考えますか?


最近、びっくりするくらい日本語をきちんと話せる外国人が

結構いませんか?


私は英語以外にスペイン語や中国語をDuolingoで遊んでいますが、

それらと比較して、日本語ってやっぱり難しいと思います。



でもそんなに難しい日本語を外国人は結構身につけている。

日本で仕事をしている外国人ばかりでなく、旅行に来たりイベントに

来たりする外国人も日本語で話していたりします。


その秘密は?


そう、彼らは日本語を勉強するのではなく、アニメを見るため、

ドラマを見るため、ゲームをするため、コスプレをするために

それらを楽しむためのスキルとして身につけているのです。


だから、あなたがゲームが好きだったら、日本語になっていない

ゲームを英語でやってみたらどうですか?


勉強だと思うので、「がんばって勉強しなくちゃ」と思うし、

「できれば安いレッスンがいい」と「激安英会話」に飛びついて

効果が得られなくて失敗したとなってしまいます。


ゲーム好きだったら激安ゲームよりも高くても質の高いゲームを

選びますよね、ゴルフウェアは、ユニクロよりもポロシャツが

遥かに高くても。そちらを選んでしまっていないですか?


そう自分のしたい事だと多少高くても満足度の高いものを

選ぶことによってさらに満足度が高くなりませんか?


そう、英語力をつけるためにはお勉強ではなく自分がやりたいことを

やるために必要なスキルを身につけるのだということを考えてください。


気がついたら何時間も経っていた、などということが起こるかも

しれませんよ。



最後に航連など国際機関で26年働いたよしログさんの英語を身につける