top of page

日本のオリンピック委員会は日本の気候に嘘をつきアスリートが代償を払っている YAHOO! SPORTS 英語の記事を読もう

更新日:2021年7月29日

Japan's Olympic organizers lied about its weather, and now athletes are paying the price

日本のオリンピック組織委員会は天候について嘘をつき、今、選手たちはその代償を払っている


ついに日本の暑さに対する海外からの非難が上がってしまいました



**********

東京-月曜日の朝、男子トライアスロンのゴール地点は、まるで戦場のような光景になっていました。地面に散らばった体、熱を帯びた選手を助けに来たトレーナー、肩に腕をかけて助け出される選手もいました。


・・・・・


灼熱の太陽、空高く舞い上がる気温、豆粒のような湿度......ここの天気について、日本人が謝る必要はない。誰も母なる自然に指示することはできない。


しかし、このような状況下で選手たちが衰弱し続けている以上、彼らは皆にこれだけは謝罪する必要がある。これだけは謝らなければなりません。


"穏やかな晴天の日が多く、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するための理想的な気候となっています。"


これは、2020年の夏季オリンピック開催に向けた日本の公式提案からの引用です。


穏やかな?理想的?ここ東京の7月に?


※Vocabulary Olympic organizers オリンピック組織委員会

triathlon トライアスロン

battlefield        戦場

sprawled out      大の字になって

wilt          疲れ果てる 

wither         しおれる

“With many days of mild and sunny weather, this period provides an ideal climate for athletes to perform their best.”

"穏やかな晴天の日が多いこの期間は、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮するための理想的な気候となります。"



閲覧数:11回0件のコメント