英語で日本のお正月を紹介しよう:DCECの英会話成功法

更新日:1月2日

----【目次】-------------------------------------------------


・英語で日本のお正月を紹介しよう

・A Funny Title

・英語の記事をどうぞ

・今週の注目Blog&記事

・編集後記  

  Carolがカナダの大学院へ留学

-------------------------------------------------------------


 初めてこのメルマガをご覧いただく方へ


はじめまして

このメルマガは、英会話スクールDCECが読者の皆様の


「英語の上達を支援するため」

「そしてグローバル化を支援するため」


に、英語学習のヒント、そして英語の記事やPodcastなどを

ご紹介しています。

英語の上達のためには日々英語に触れることが大切なので、

興味のある記事などを読むようにして英語に触れる時間を

増やしてください。


また、英語を学習する目的は人によって様々でしょうが、

ビジネスに、そして、ご自分のスキル向上のために英語を

学ぶのであれば、間違いなくあなた自身がグローバル化

する必要があります。

したがって、グローバルの現状やグローバル化などに

ついての情報も発信しています。

また、このメルマガは、DCECラーナーさんだけではなく、

メルマガスタンドのまぐまぐでも1000部ほど発行している

メルマガです。


---------------------------------------------------------------


 新年あけましておめでとうございます。


2022年は日本が平和で経済が上向きになりますようね。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。



昨年は、緊急事態宣言でオフィスを閉鎖するなど大変な年でしたが、

今、世界中で感染爆発が進んでいる中、日本のコロナ感染者数は、

落ち着いております。


これは、ワクチンの摂取率が上がったということも一つの要因と

考えられますが、イギリスでは12/28時点でブースター接種済みの

割合が49.2%にもかかわらず、新たな感染者数が

7日間平均で12万人を超えるすごい感染者数になっていることからは

ワクチンだけが日本の感染者数が落ち着いている理由ではないのが

明かです。


やはり他国と比べて日本人はマスクをすることに抵抗が低く、

ほとんどの人が外出時にはきちんとマスクをしていることが

大きいのでしょう。

日本人の良い習慣の一つが、日本を守っていると言えるわけで

デジタル化の遅れなど日本の負の側面がクローズアップされる中で

誇るべき日本人の特徴です。


日本には、様々な伝統、文化、素晴らしい点がたくさんありますが、

残念ながら、渡したい日本人は外国人に質問された時、日本固有の

習慣や伝統を教えられない場面がおおくみられます。


そこで、今日は、ジェニが

jENI NO PIKA PIKA NIHONGOで英語で世界に発信した、

年末年始の日本nの習慣をご紹介します。

これを見て、Podcastを聞いてあなたも外国人に説明する

参考にしていただければ幸いです。


#107. Japanese year end customs(日本の年末の習慣)


Today, I would like to introduce you to some of the customs

of the end of the year in Japan.

お歳暮(Oseibo) Year end gift

忘年会(Bonenkai) get the year party

大晦日(Oomisoka) new year eve

紅白歌合戦(kouhaku uta gassen) popular music show

渋谷カウントダウンイベント(Shibuya count down event)

Enjoy listening this episode.

Have a great year-end


https://apple.co/31fY28w



#108, Japanese traditional custom in new year's day


There are only one day left in 2021.

Is the coming of a new year a good thing for you?

I hope 2022 will be a year that is not swamped by Covid-19.

In Japan, this is the time of year when we clean up,

purify our homes, and prepare to welcome the new year.


We decorate the entrance of our houses with "Kadomatsu"

and the front door with "Shime-zakuri".


"Kadomatsu" is said to be a landmark for the gods of the year

to visit and dwell in houses when they come down to earth.

Therefore, "kadomatsu" should be placed at the entrance

of the house. A "kadomatsu" is a symbol

that your house is ready to welcome the gods.

A shime-Kazari is a rope with lucky charms attached to it,

and it signifies that the house with the shime-Kazari

is ready to welcome the god of the year and is a sacred place.

The presence of a shime-Kazari makes the place safe and pure,

and the god of the year can come down with peace of mind.

And there are some traditional food from new year eve

to Oshogatu, new year holiday.




年越し蕎麦(Yoshikoshi Soba, soba noodles eaten on New Year's Eve)

お節料理( Osechi Ryori, food served during the New Year's Holidays)



重箱(Jyubako, multi-tiered food box)

お雑煮(Ozouni,soup containing rice cakes and vegetables, new year dish)



餅(Mocji, rice cake)


How do you find Japanese traditional custom?

じゃあまたね。

https://open.spotify.com/episode/4imTEppJO3IBBew1PWo9Qk



#110. Hatsumoude (初詣、first shrine or temple visit of the year)

あけましておめでとうございます。

(Akemashite Omedetou Gozaimasu, Happy new year.)


Now, the year 2022 has begun.

How did you count down?

Did you party with friends?

Or did you welcome the New Year at home with your family?




In Japan, many people participate in countdown events in Shibuya,

or wait in front of shrines and temples for the new year to come,

and at midnight, they go into the shrines and temples

to pay their respects to the gods for the first time.


I wish everyone in the world happiness in the year 2022.


Now, in my first episode of 2022, I would like to introduce

you to Hatsumode in Japan.

I'm introducing these words, so please listen and remember them.

お正月(Oshogatsu, New Year's Day)

初詣(Hatsumoude, first shrine or temple visit of the year).



お守り(Omamori,Good luck charm)



おみくじ(Omikuji, fortune paper)




じゃあまたね


https://apple.co/3qBjnBL


---------------------------------------------------------------


■A Funny Title


A - Alwyn H - Hinata


GV (A) and L (H) talk about a news article L saw.


H: I was reading news online when I came across an article

with a very strange title.

A: Really? What was the title?

H: It was “Children Make Nutritious Snacks”, doesn’t it sound

like children are the snack?

A: It does! This must’ve an oversight from the editors.

H: This is what we call a double entendre, right?

A: It is, but in this case I believe this is accidental rather than

deliberate.

H: Hold on! Is it still a double entendre when it isn’t risqué?

A: Of course, double entendres aren’t always risqué in nature,

and sometimes, like in this case, not even intentional.

H: There’s a lot of wordplay going on in English huh.

A: Yeah and if you want to learn more about them, you better

keep going with your studies.

H: I’m on it!



●Vocabulary:


Come across     ~に出くわす、~をふと見つける

Oversight      見落とし、見過ごし

Editor 編集者

Double entendre  二重の意味を持つ表現

Deliberate    意図的な、計画的な

Risqué       きわどい

Intentional     意図された、故意の

Wordplay しゃれ、



●Comprehension Questions:


1. What was Hinata reading online?

a. Hinata was reading a new article.

b. Hinata was reading an article.

c. Hinata was reading a news article.


2. What was the title of the news article?

a. “Children Bake Nutritious Snacks”

b. “Children Make Nutritious Snacks”

c. “Children Make Malicious Snacks”


3. How can Hinata learn more about wordplay?

a. He should keep studying English

b He should learn about them.

c. He should play video games.



■面白いタイトル


A - アーウィン  H - ヒナタ


講師とラーナーでラーナーが見たニュースの記事について

話している。


H: インターネットニュースを読んでいたらすごく変なタイトルの

記事を見つけたよ。

A: そうなの?どんなタイトルだったの?

H: 「Children Make Nutritious Snacks」っていうものなんだけど

何だか子どもたちがおやつになるって言っているみたいじゃない?

A: ほんとだ!これは編集した人の見落としに違いないね。

H: これっていわゆる二つの意味を持つ表現ってことだよね?

A: そうだけど、この場合は意図的ではなく偶然のものだと思うな。

H: ちょっと待って!きわどい表現じゃない場合も二重の意味を持つ

表現になるの?

A: もちろん、二重の意味を持つ表現は必ずしもきわどい表現とは

限らないし、今回のように意図的じゃない場合もあるよ。

H: 英語は言葉遊びが多いんだなあ。

A: そうだよ、だからもっと知りたいなら、勉強を続けた方が

いいと思うよ。

H: やってますよ〜。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★★英語の記事をどうぞ★★


英語を身につけるためには、勉強ではなく英語に接する時間を

増やすのがいちばんの近道です。そこで、ここでは毎週様々な

英語の記事を配信しています。



----------------------------------------------------------

◆WORLD NEWS

----------------------------------------------------------

●2021 In Pictures: The best photos from around the world

2021年 写真で見る 世界のベストショット

AlJazeera

https://bit.ly/3Jtf2cx


●Fitness experts agree that sit-ups are worthless

— here are 9 moves they recommend instead

フィットネス専門家も認める「腹筋は無意味」。

- ここでは、その代わりに推奨される9つの動きを紹介します。

Insider

https://bit.ly/31grxqM


●The life I built as an Afghan woman went in the blink of an eye

アフガン女性として築いてきた人生が、あっという間に終わってしまった

AlJazeera

https://bit.ly/3FL6IT4


●Omicron breaches Hong Kong's strict restrictions

– latest updates

オミクロン、香港の厳しい規制を突破 - 最新情報

TRT World

https://bit.ly/3mL8Suq


●Mental well-being: resources for the public

心の健康:一般向けリソース

World Health Organization

https://bit.ly/3zfbrtU


●United Nations

https://twitter.com/UN/status/1476901703874224133?s=20


---------------------------------------------------------

◆日本に関連する記事

----------------------------------------------------------

●Suicide claimed more Japanese lives in October

than 10 months of COVID

(日本の)10月の自殺者数は、COVIDの10ヶ月分を上回った

(海外で報道されても日本では報道されないのはなぜ?)

CBS NEWS

https://cbsn.ws/3mKSlXG


●The Tokyo Subway Pass: Suica Vs PASMO IC Smart Cards

Getting Around Japan・Tokyo

https://bit.ly/3qAcjFK




◆ビデオ◆


●Average height has risen 10cm over the past 150 years

in developed countries.

先進国では過去150年間で平均身長が10cm伸びている。

World Economic Forum

https://twitter.com/wef/status/1474681648474206209?s=20


●クリスマスinニューヨーク1人旅

YouTube Harmony channel




●Are these the world’s safest cities?

世界で最も安全な都市は?

日本は?

World Economic Forum

https://twitter.com/wef/status/1476810396820545536?s=20


●They can turn into robots, dancers and butterflies.

ロボットやダンサー、蝶々に変身することができます。

World Economic Forum

https://twitter.com/wef/status/1476961528557547521?s=20





■今週の注目Blog&記事


ここでは、今、非常に動きの速くなった世界の様々な情報を集め

発信しています。

この情報が、なぜあなたが英語を身につけなくてはいけないのか、

グローバル化がなぜ必要なのか、日本がまた元気になるためには

何が必要なのかを考える材料になれば良いなと思っています。



----------------------------------------------------------

◆グローバル化、IT化、ビジネススキル向上

----------------------------------------------------------

●Covid: Omicron and Delta driving tsunami of cases - WHO

オミクロンとデルタが患者数の津波を牽引 - WHO

BBC

https://www.bbc.com/news/world-59822209


●CEOの右腕であり門番。20カ国の従業員が活躍する

コンサルファームに聞く「チーフ・オブ・スタッフ」の仕事

Business Insider

https://bit.ly/3qnanjG


●2021年、最も話題になった中国の経営者10人

36KrJapan

https://36kr.jp/166777/


●中国IT大手、そろって「カーボンニュートラル」宣言。

アリババの独自概念「スコープ3+」とは?

バイドゥ、アリババ、テンセント。「BAT」と呼ばれた3社が揃った形になった。

HUFFPOST

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_61c0111fe4b0c7d8b891606d


●ドイツ、原発3か所の運転停止 電力危機の中

AFP

https://bit.ly/3JxeORK


---------------------------------------------------------

お正月休みにちょっと太ってしまった方にお勧めの記事

----------------------------------------------------------

●昔ながらの腹筋運動は無意味。

専門家が勧める腹筋に効くエクササイズ

Business Insider

https://www.businessinsider.jp/post-171365?cx_click=pc_ranking




■ 編集後記 ■


デラ・クルーズで14年にわたり勤務してきて、その半分の期間は

フィリピンのTESZARA Inc.のPresidentを務めてきた

Carolが2021年末をもって退職し、カナダの大学院にビジネスの

修士号を取りに行くことが決まりました。Carolにレッスンを

習ったことがある方、彼女のセミナーを見たことがある方など

たくさんの思い出があると思います。

でも、私たち日本人から見ると、これから海外の大学院に

行ってさらに学ぼうというのですから、すごいですね。

会社にとっては痛手ですが、彼女の更なる上昇への意欲を

応援しようと、送り出すことになりました。

この下に彼女のメッセージがあるのでお読みいただければ幸いです。

******************************

Carol Ann Jaraplasan