top of page

鈴夏のフィリピンインターン日記  海外で愛される「日本」ブランド

更新日:7月5日

こんにちは。


前回まではフィリピンでの私のインターンの経験や観光に

ついて書かせていただきましたが、今回からは私がそれを通して

学んだことを共有させていただきます。


1.海外で愛される「日本」ブランド




これは、日本人からしたら、対応が悪いと思えるかもしれませんが、

フィリピンでは、このようなことも珍しいことではありません。

そのため日本のように時間通りに来て、もし何かトラブルが

起きたときには謝罪したり、今後の対応を説明したりする

その姿勢は、フィリピンの人々の心をも掴むことができます。


そのため、フィリピンの方達は、「日本」というだけで信用して

くれるのだそうです。

フィリピンで「日本」と謳うからにはそれに見合う対応を

しなければならず、大きな責任もリスクも伴います。


しかし、フィリピンで日系企業が成功するためには、

この「日本」ブランドを全面に押し出すことで、

他の企業と差別化を図ることができます。



私は、フィリピンで働く方々のお話を聞き、私たちが

当たり前にやっている行為は海外では当たり前ではないと改めて

気づくことができ誇りを持つこともできました。


このような日本の特徴は、ビジネスだけでなくもっと身近な

ことに当てはめることもできると思います。


例えば、日本に来た外国旅行客が日本のおもてなしに感動して

帰国するといったほっこりするエピソードを聞くことも

ありますよね。英語を学ぶ私たちなら、もしかしたら

外国から来た人々を助けたりするなど、

良い思い出づくりの一端を担えるかもしれませんね。


今週も読んでくださりありがとうございました。今後も、

インターンを通して学んだことを書かせていただくので、

楽しみにしていただけたら嬉しいです。

閲覧数:7回0件のコメント

Comentários


bottom of page