top of page

鈴夏のフィリピンインターン日記  海外で働くとは? 

更新日:7月5日


こんにちは。

前回から引き続き、今回もインターンを通して学んだことを

ご紹介させていただきます。


・ 海外で働くとは?


フィリピンでのインターン活動の中で最も印象に残っていることの

一つがコンドミニアムツアーでした。日本では見る機会がない

超富裕層向けのコンドミニアムを見学することができ、世界の

経済の動きを少しながら感じることができました。




しかし、そのコンドミニアムツアー中に何度かトラブルに見舞われました。


例えば、見学をする予定の部屋のオーナーと連絡が取れなく

なることがありました。その際、すぐに同じ間取りの部屋を見学

できるよう、別のオーナーを探さなくてはなりません。


TESZARAのクライアントの中には、わざわざ休みを取りフィリピン

に来る方もいらっしゃるので、一つ部屋を見学できないことは

とても大きいことです。そのため、Deejさんが多くの人と

連絡を取り、別のオーナーを探しているところも何度か

目にしました。前回、日本のような「時間通りで誠実な対応は」

日本が誇るブランドと言えるとご紹介しました。


私が今回経験したことが全てだとは思っていませんが、

海外で働くためには日本で働く以上に柔軟性が必要になると

感じました。


また、フィリピンでビジネスをする際、日本人以外の人が

英語を話しています。


しかし、日本人は英語が話せない人が多いため、現地企業は

日系企業とのコミュニケーションに苦労し、ビジネスの面で

中国系企業や韓国系企業に先を越されてしまったという事実を

肌で感じました。


そのため、海外で働くには英語力が必要不可欠である

と実感しました。まだ社会人経験がなく未熟者の私ですが、

海外で働くために柔軟性と英語力が必要になると自分自身で

気づけたことはとても大きいことでした。これから就職活動期を

迎えるにあたり、自分の将来の幅を広げるためにも、留学で英語を

ビジネスレベルまで引き上げ、柔軟に文化に順応できるよう

頑張ろうと気が引き締まりました。


さて、本日は海外で働くために必要になると私が考える能力を

ご紹介させていただきました。皆さんはどのような能力が必要に

なると考えますか?いつか、教えていただけたら嬉しいです。


Comments


bottom of page