日本再生に必要な英語力向上

---【目次】-------------------------------------------------


・日本再生のために

・A Little Bird Told Me

・英語の記事をどうぞ

・今週の注目Blog&記事

・編集後記  

  アメリカで始まっているロボットデリバリー

-------------------------------------------------------------



 このコロナ禍のなかで、先進国でIT先進国と思っていた日本が、

実は逆に世界に比べていつの間にか遅れていたのではないのかと思わせる

様な事実がいくつも明らかになってきております。


感染者データをFAXで集めてそれをExcel的なシートに手入力している

というのですから、その作業効率は、EXCELができた昭和62年から

進化していないのです。


●「ファクス行政」と揶揄も…保健所は超時代遅れの化石状態

日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/277650/2



お役所がその様な状態ですから、その影響は学校教育にも及んでいて、今回

世界中でコロナでロックダウンし学校が休校になる中で、欧米諸国はいち早く

3月からオンライン授業に移行し、また、アジア諸国でも韓国、香港、インド

などが4月からオンライン授業実施している一方、日本では、東京23区ですら

4月時点で港区以外はオンライン授業の導入予定なし、または検討中と世界から

大きく遅れています。



●日本のオンライン教育があまりにもお粗末な訳

世界に比べ導入遅れ目立ち、教育格差も広がる

東洋経済ONLINE

https://toyokeizai.net/articles/-/362527



OECDの調査によると、日本の生徒のパソコン使用率は発展途上国を下回り

調査対象国中、なんと最下位とのことです。


●世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している

ニューズウィーク

https://bit.ly/3gkgkab




日本はいつの間にこんなに世界から遅れた国になってしまったのでしょうか?

そして、こんなに遅れてしまったにもかかわらず、日本の企業幹部の間では

一部を除いてそれほど危機感を抱いている様に見えないことです。


あなたはいかがですか?


「凄く心配」ですか?

「いや、まだまだ日本は大丈夫」と思っていますか?


日本の経営者でもグローバルに戦っている人ほど大きな危機感を持ち、

様々に発信しています。


●孫正義氏、日本を憂う「このままでは忘れられた国に」

日経ビジネス

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50592160U9A001C1000000/


●ファストリ柳井氏の焦燥「変わらねば日本は潰れる」

日経ビジネス

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00181/073100003/?P=1


●【三木谷浩史】全ての日本人に今伝えたいこと

NewsPicks

https://newspicks.com/live-movie/637/



私も日本では後進国と思われているフィリピンで仕事をしていますが、

フィリピン 人のITスキルが非常に高いことを日々感じています。


何か思いついて、「こんなビデオをとって編集して、Facebookにアップして」

というと細かいことを言わなくてもあっという間に出来ちゃいます。


https://www.facebook.com/DCECnihongocenter/?modal=admin_todo_tour



今度DCEC Nihongo Centerをスタートするので、こんな内容でパンフレットを

作って、と頼むとあっという間にデザインも含めて制作して、

「こんなのでいかがですか?」と言ってきます。






DCECのWEBサイトもプロに依頼するのではなく全て社内で制作しています。


これは会社を自慢しようということではなく、今の世界は、日本人が思っている

よりもはるかに早く進んでいることを知ってほしいということです。


1979年にハーバード大学教授で社会学者のエズラ・ヴォーゲルが

『ジャパン・アズ・ナンバーワン』で日本の高い経済成長の基盤になったのは、

日本人の学習への意欲と読書習慣であると戦後の日本経済の高度経済成長の要因を

分析し、日本的経営を高く評価他時の日本とは、大きくかけ離れてしまった日本。


日本を愛し、日本が復活してほしいと願う私たちは、なぜ、日本がこの様に変わって

しまったのかを考え、その原因を取り除いていくことが必要です。


日本の繁栄がピークに達していたバブル時代と、現在で何が大きく変わったの

でしょうか?


これには、日本内部の問題とグローバルの問題の2つに分けることができます。


国内の問題はみなさんよくご存知の少子高齢化の問題があり、これは国を挙げて

戦略的なビジョンを作り解決していかなければどんどん悪化して取り返しが

つかない事になるのが目の前です。


そして、例のNewsPicksで知って今呼んでいるのが

「シン・ニホン AI×データ時代における日本の再生と人材育成 」

安宅和人著 https://amzn.to/3gjujN9


という本ですが、ここにこれだけ日本がIT化やAIでアメリカだけでなく中国にも

圧倒的に遅れをとってしまった要因の一つと思われるものとして、日本の科学技術

への国家予算、そして教育への投資が削り続けられていて、米国、中国とは比較に

ならないほど少なくなってしまっている。国立大学や国立研究所で教授などが研究

に使うことができる資金に国からの運営交付金があるが、その一人当たり平均が

年間20万円しかなく、東大の理論物理学の教授がボールペン一本買うのに苦労する

こと、大学の教員の給与は30年間にわたってほぼ同水準に据え置かれ、2015年

時点で米国の半額程度しかない、また、今は優秀な人材を世界中で奪い合っている

状況で、世界のトップ大学ではPhdコースの学生を集めるために学費だけでなく

生活費を出すのが当たり前の中、日本だけが自前で資金を用意しなければならない

状況になっていることなどわかりやすい事例などを含め、具体的なデータで

示されています。


まだ、読了していないのできちんとお伝えできないのですが、著者は、タイトルに

ある様に、この様な実態をしって対処することで日本の再生と人材育成で、

日本は復活できると励ましてくれています。


おすすめの図書です。


さて、このメルマガの目的の英語教育とグローバル化推進の視点に戻って、

なぜ、日本が遅れてしまったのかを考えてみます。


日本がジャパン・アズ・ナンバーワンと言われていた頃は、今の様に

インターネットが生活に入り込んでいませんでした。


したがって、海外の人と連絡を取るには、エアメールを送る、国際電話をする

など歯科手段がなく、海外のニュースに接することも非常に難しい時代だった

ということです。


これは日本だけでなく、世界中が同じ様な状況にありました。


当時は、お金持ちになった日本人がフランスに観光に行くとフランス人は、

フランス語しか話さないと良く言われていました。


当然途上国が、先進国の情報を得ることなど本当に大変だったのです。


当時はオフィスにNECのPC-98などのパソコンが普及を始めていましたが、

ほとんどはまだ通信回線に繋がらずにスタンドアローンで使われていました。


それが1995年からインターネット普及期に入り(総務省)、ウィンドーズ95

の登場もあって、パソコンが急速に普及し、インターネットで世界が繋がる様に

なったのです。


これ以降、世界のIT化の進行に反比例する様に世界での日本の存在感が

下落し続けることになって今に至っています。


これは、新興国にとっては大きなチャンスになりました。

インターネットに繋げば、欧米の先端の情報に国にいながらにして

接することができる様になったのです。新興国の人たちの中の意欲の高い

人たちは、欧米の先端情報に触れるためには英語を身につける必要がある

ことに気がついて、英語を身につける様に努め、あっという間に世界中の

人たちが英語でコミュニケーションをする世界に変わっていきました。


幸い(もしくは不幸なことに)日本は、人口が多く、GDP総額が世界で

2番目に大きい国内市場を抱えていたため、誰も苦労して英語を身につけ

グローバルな世界に適応しようとはしなかった、そして今も真剣に変わ

ろうとしていないのです。


海外に拠点を進出しても、取引先は日本企業通しでビジネスを行っている

ため、英語会話力も世界と比べて大きく劣ったままです。