日本のミステリアスなウイルス死亡率

----【目次】-------------------------------------------------


・日本のミステリアスなウイルス死亡率

・C’est La Vie

・英語の記事をどうぞ

・今週の注目Blog&記事

・編集後記  

  周庭さんがうらやましがる自由選挙

-------------------------------------------------------------



 東京の新型コロナ感染者数が連日100人を超える状態が続いて

いて不安に思っている人が多いと思います。


都知事選の候補者のネット討論会では、小池都知事は、

東京のコロナ対策は非常にうまくいっているといい

東京新聞が実施した都知事選世論調査には、都民の7割が

評価したという結果になっています。


新型コロナ 都の対策を7割「評価」【都知事選世論調査】

東京新聞

https://www.tokyo-np.co.jp/article/38634


しかし、連日100人以上の感染者が出ているにもかかわらず

現実のコロナ対策は何をやっているのでしょうか?


吉村大阪知事が大阪モデルを発表して通天閣等を赤や黄色に

ライトアップするというのを聞いて、慌てて東京アラートの

基準を定め、レインボーブリッジを赤く染めましたが、

いつの間にか定めていた基準も撤回してうやむやにしてしまい、

選挙のためコロナ対策を放棄してしまったととの職員は困って

いるようです。


●都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/275502


●「テレビ映え」の東京アラートは大阪のマネ?

基準なき警戒警報の迷走

DOIAMOND ONLINE

https://diamond.jp/articles/-/242132



果たして、日本のコロナ対策は本当のところどうなの

でしょうか?



BBCが「日本のミステリアスなウイルス死亡率」

と報じているので海外からどのようにみられているのか、

みてみましょう。


"Coronavirus: Japan's mysteriously low virus death rate"

BBC NEWS

https://bbc.in/3gqP89U



日本はCovid-19の死亡率が最も低いわけではありません

-この地域では、韓国、台湾、香港、ベトナムはすべて罹患率が

低くなっています。


しかし、2020年の初めには、日本は平均より死者が少なかった

です。これは、4月に東京で約1,000人の「過剰死」(おそらく

Covidによるものですが)が見られたにもかかわらず、

全体としては、2019年の全体の死者数は減少する可能性が

あります。


日本はCovid-19に対して脆弱になる多くの条件があるため、

これは特に目を引きますが、近隣諸国の一部が行った

ウイルスへの精力的なアプローチを日本は採用していません。


日本で何が起こったの?


2月に武漢で発生した感染爆発の時期、市の病院が圧倒され、

世界が中国人旅行者の入国を禁止しましたが、日本は国境を

開放し続けました。


ウイルスが広がるにつれ、Covidは主に高齢者を殺し、

密集または長期にわたる密接な接触によって大幅に増幅される

病気であることが明らかになりました。


日本は他の国よりも高齢者が多いです。日本の人口も巨大な

都市に密集しています。


首都圏には3,700万人もの人々がおり、ほとんどの人にとって、

市内を走る悪名高い満員電車に乗るしか通勤手段がありません。


それから、世界保健機関(WHO)の「テスト、テスト、テスト」

との忠告に耳を傾けることを拒否する日本政府の姿勢があります。

現在でも、PCR検査の総数はわずか348,000、つまり日本の人口の

0.27%です。


また、日本はヨーロッパのような規模や厳しさでロックダウンを

しませんでした。 4月初旬、政府は緊急事態を命令しました。

しかし、在宅要求は自発的でした。生活に必須ではない企業は

閉鎖するよう求められましたが、拒否したことによる法的罰則

はありませんでした。


・日本でコロナウイルス検査がほとんどないのはなぜですか?

・北海道がウイルスロックダウンに復帰したことからの教訓

・コロナウイルスの世界的流行の真の死者数は?


ニュージーランドやベトナムなど、Covid戦略の多くの手本は、

国境の閉鎖、厳重なロックダウン、大規模な検査、厳格な検疫

などの厳しい措置を行いましたが、日本はそれを行いません

でした。


しかし、最初のCovid症例が報告されてから5か月たった今、

日本で確認された症例は2万人未満であり、死亡者は1,000人

未満です。非常事態は解除され、生活は急速に正常に戻って

います。



日本が本当にこの病気の蔓延を封じ込めているという科学的

証拠も増えています-これまでのところ。


携帯電話大手Softbankは、40,000人の従業員に対して抗体

検査を実施しましたが、ウイルスにさらされたのはわずか

0.24%であることを示しました。

東京と他の2つの都道府県で8,000人をランダムにテスト

したところ、曝露レベルはさらに低くなっています。

東京ではわずか0.1%が陽性でした。


先月末に緊急事態の解除を発表した安倍晋三首相は、

「日本モデル」を誇らしげに語り、他の国々が日本から

学ぶべきと伝えました。


日本に何か特別なことはありますか?


麻生太郎副首相に聞くと、日本人の「上質」だとのこと。

麻生氏は、現在悪名高いコメントで、他国の指導者から

日本の成功について説明するよう求められた時に


「「あなたの国と私たちの国の間で、民度が違う。」と答え、

それによって彼らは言葉を失い、黙りました。」



文字通り翻訳すると、mindoは「人々のレベル」を意味

しますが、「文化レベル」を意味するものとして翻訳した

人もいます。


日本の帝国時代に遡るコンセプトであり、人種的優越感と

文化的優越主義を表しています。麻生氏はその使用を巡って

非難されました。


しかし、多くの日本人、そして一部の科学者は、日本には

異なる何かがあると考えていることは間違いありません。

いわゆる「ファクターX」は、人口をCovid-19から保護

しています。


日本人の慣習のいくつかの側面-挨拶でのハグとキスは

ほとんどない-に社会的距離が組み込まれていることは

おそらく関連がありますが、誰もそれが答えであるとは

思っていません。


日本には特別な免疫がありますか?

日本の患者がウイルスにどのように反応するかを研究して

いる東京大学の児玉達彦教授は、日本は以前にCovidを

Covid-19ではなく、「歴史的免疫」を残した可能性のある

類似のものを持っていたかもしれないと信じています。


これは彼がそれを説明する方法です:ウイルスが人体に

入るとき、免疫系は侵入している病原体を攻撃する抗体を

作り出します。


抗体にはIGMとIGGの2種類があります。彼らがどのように

反応するかは、誰かが以前にウイルスにさらされたことが

あるかどうかで示すことができます。


「一次(新規)ウイルス感染では、通常、IGM応答が

最初に来る」と彼は私に語りました。

「その後、IGG反応は後で現れます。しかし、二次的な

ケース(以前に暴露していた場合)では、リンパ球は

すでに記憶を持っているため、IGG反応のみが急速に

増加します。」


それで、彼の患者はどうなりましたか?


「私たちがテストを見て驚いたことに、すべての患者で

IGGの反応が速くなり、IGMの反応は弱まりました。