外国人に日本の文化を説明できますか?

今週DCECでは、初めてのDCECベトナム、

DCEC日本語センター(フィリピン)そしてDCEC JP & PH

合同のオンラインクリスマスパーティを開催しました。


出席したのは、DCECで英語を学ぶ日本人以外にフィリピン人

(DCEC日本語センターの生徒さん)、ベトナム人(DCEC VN

で英語を学んでいる生徒さん)、そして当社のメンバーの日本人、

フィリピン人、アメリカ人が参加しました。


クリスマスには何を食べますか、お正月はどのように過ごすのですか

などをそれぞれシェアすると、日本のクリスマスの過ごし方は

世界とは全く違うのがわかりました。


フィリピンは、90%以上がカトリックなのに対し、ベトナムは

ほとんどが無宗教、アメリカは様々なのでメリークリスマスとは

言わなくなってきているとか。


ベトナムではなにを食べるのか教えてくれたのですが、ベトナム語の

名前なのでよくわかりませんでした。残念。


フィリピンでは、大みそかに12の丸いフルーツを揃えて、新年12か月の

豊かさを祈るそうです。



日本については、他国の参加者から日本人のラーナーさんに日本の

おせち料理について質問されていましたが、そもそもおせちってなん

なのか? それぞれお節に入っているものの意味などを説明するのが

難しい。


この様な機会があると、グローバル化するにはもっと日本の文化を知る

必要がある事を感じます。


あなたは、おせちについて外国人に説明できますか?


早速ネットで調べてみると、様々な説明があるので、一つ参考に

ウィキペディアから御紹介します。


*****以下Wikipediaより抜粋


由来は、歳神様に捧げる供物としての料理が「おせち」。

御節料理を詰めるのには組重(組になった重箱)を用いる。

重箱に詰める意味は、めでたさを「重ねる」という意味で縁起を

かついだものである。

最近では四段重が普通。四段重は春夏秋冬を表すといわれ・・。


御節料理の基本というのは、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、

煮しめ、酢の物、焼き物である。地方により構成は異なる。

三つ肴の内容は関東では黒豆、数の子、ごまめ(田作り)の3種、

関西では黒豆、数の子、たたきごぼうの3種である


四段重の一般的な構成については次の通り。