ワクチン接種が遅れ医療現場のデジタル化も遅れている日本

 2度目の緊急事態宣言が発令されましたが、みなさまの生活

にはどのような変化が表れていますか?


大宮駅を歩いていると、往来されている方も多くあまり変化が

感じられません。


でも、何とか早く終息するといいのですが、本日の新聞では

日本でのワクチン接種は、2月下旬以降に医療従事者や重症化

リスクの高い高齢者から始まる予定で、一般への接種は、

早くて5月になるとの記事が出ていました。


欧米の国々ばかりでなく、トルコやイスラエル、フィリピン

でもワクチン接種が始まっているというニュースが流れる中、

日本はなぜこれほど遅いのでしょうか?


●Turkey kicks off nationwide Covid-19 vaccination drive

TRTWORLD

トルコですでに全国民に向けたワクチン接種が始まったとのこと。

https://bit.ly/2XDlFlQ


●イスラエル、100万人超が新型ウイルスワクチンを接種 

世界1位の接種率

https://www.bbc.com/japanese/55463791



そしてワクチン接種が遅れる中、現在、日本の医療の最前線では

大変なことになっているようです。


今週のNHKのクローズアップ現代で、


「守れる命が守れなくなってきた ~医療崩壊危機の最前線~」