パナソニックの改革が面白い

最終更新: 2020年10月11日




 10月に入り気候も秋らしくなってきましたが、みなさまの周りでは何か

変化はございますか?


今日はNews Picksで聞いたパナソニックの改革と、DCECの10月に入っての

アップデートをご紹介します。


さて、世界では日本企業が存在感を減らしています。

昨年にはパナソニックの社長が

「今のままでは10年ももたない」と発言し、崖っ淵に立たされた日本企業の

危機感が印象に残りましたが、そのパナソニックが大きく動き出しています。


●パナソニック社長の「今のままでは10年も持たない」発言、その真意

週刊現代

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/60239 


●モノ作らぬメーカーに パナソニック・津賀社長の危機感

【未踏に挑む】

日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41132670Z00C19A2EA1000/


それは、ドイツ企業SAPグループのバイスプレジデントであった、当時弱冠39歳の

馬場渉氏を執行役員・ビジネスイノベーション本部 本部長、パナソニック

ノースアメリカ株式会社 副社長として迎え入れたこと。


そして馬場氏に与えられた使命は、コーポレートイノベーション。

パナソニックという企業そのもののイノベーションで、会社を若々しく活気づかせ、

創業期のような急成長企業に戻し、新しいパナソニックに生まれ変わらせること

だそうです。


●馬場 渉「大企業イノベーションの起こし方」

KEIO MCC

https://www.keiomcc.com/magazine/sekigaku198/


●パナソニック27万人の命運を握る「40歳の副社長」いったい何者か

週刊現代

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57438?imp=0



そしてその馬場氏が今度はGoogleのバイスプレジデントだったYokyこと

松岡陽子さんを「フェロー」(役員待遇)としてパナソニックに

迎え入れたのです。



このYokyさんのキャリアがすごい。


プロテニスプレーヤーを目指して渡米したのが、怪我でテニスを断念し、

でも一緒にテニスができるロボットを作りたいとカリフォルニア大学

バークレー校で学び、MITで、人工知能の研究を進めて博士号を取得。

ハーバード大学の研究員を経て、カーネギー・メロン大学やワシントン

大学で教鞭を執りながら、脳からの信号を踏まえて身体障害者をアシスト

する機器の開発に取り組み、この分野のパイオニアとなった。


2009年には、グーグルが次世代技術の開発のために設けた研究機関

「グーグルX」に、共同創設者として加わった。

その後、「研究より、製品をつくりたい」とスマート家電を手がける

スタートアップ「Nest」に参画。Nestは2014年にグーグルが買収し、

その後グーグルは、スマートスピーカーといった家電系の自社製品を

「Nest」ブランドに切り替えた。



●グーグルからパナへ 松岡陽子氏が強調する、

徹底した「ユーザーファースト」

GLOBE+

https://globe.asahi.com/article/12841264


共に全くの外部者を、その40代で役員待遇で迎え、会社を改革しよう

というのは今までの日本企業ではあまり見られないことであり、今後

この取り組みがパナソニックにどの様な効果を与え、パナソニックが

再び世界で輝く会社になることを楽しみに見ていきたいですね。


ただ、一つ残念なのは、お気づきの様に二人ともシリコンバレーを

拠点とし、成果を上げてきた、普通の日本人とはかけ離れた行動力、

発想を備えているとは思いますが、共に日本語を話す日本人ということ。