top of page

ドイツのサウナは社交場

こんにちは。


最近はもうだんだんと夏の天気になってきましたね。


どこへ行っても汗が止まりません。



今回はそんな汗に少し関連する面白い話を聞いたので


皆様にも紹介させていただこうと思います。



みなさまはサウナに行かれますか?


私は温泉に行ってもサウナに入る事は無く、最後に入ったのは


いつだろうというほどサウナには疎いです。



しかし、先日ドイツのベルリンに旅行に行った知り合いから


ドイツのサウナに関する面白い話を聞きました。



ドイツではサウナは社会的な場であり、家族や友人と一緒に


楽しむことが一般的だそうです。日本の静かで個人的な雰囲気とは


異なり、ドイツのサウナは活気があり、会話や交流が盛んなのだとか。



ドイツの多くのサウナ施設では、異なる温度のサウナや


さまざまなスチームルームが設置されているそうです。



また、一番驚いたのが、ドイツのサウナでは裸で入るのが


普通だそうで、老若男女が全裸でサウナを楽しむことが


できるようになっているそうです。なので、タオルで


体を拭くことが推奨されるそうですが、日本のような


シャワーや水風呂がある場合もドイツでは水風呂に浸かる


時間が日本ほど厳格では無いそうです。



また、ドイツのサウナでは、サウナから出た後に屋外の


休憩スペースでクールダウンすることが一般的なようで、


ドイツでは屋外の自然を感じながら休息することが


楽しみの一つだとか。


これは血行を良くし、リラックス効果を高めるためです。



ドイツのサウナは社交的でリラックスした雰囲気の中で、


異なる温度や多様な体験を楽しむことができる場の


ように感じました。日本のサウナとは異なる文化的な


アプローチがあるのかなとも思いますが、どちらも


体と心の健康を目指す場に変わりはないかもしれないですね。



日本でサウナによく行かれる方はドイツへのサウナ旅行も


検討したくなってしまうのではないでしょうか。



それではまた次回。



閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page