ダイバーシティを広げる必要がある日本企業

----【目次】-------------------------------------------------


・ダイバーシティを広げる必要がある日本企業

・Humor in Tumor

・英語の記事をどうぞ

・フィリピン ドゥマゲテから現地のコロナ対策のご報告

・今週の注目Blog&記事

・編集後記  

  英語学習に役立つYouTube動画ご紹介

-------------------------------------------------------------


 ◆Newspicksがすごい


あなたは、Newspicksって聞いたことがありますか?

https://newspicks.com/



2015年にできた「経済を、もっとおもしろく。」を標語に掲げるソーシャル経済

メディアで前から知ってはいたのですが、記事を見ようとすると月¥1,500を

払って会員にならなければならないので、よく知らないまま今までに至っているの

ですが、実はいつも聞いているAudibleの番組にNewspicks ACADEMIAとか

WEEKLY OCHIAIという落合陽一がホストの番組があり、聞いたところとても

面白い。


例えばWEEKLY OCHIAIというのは約1時間半ほどのビデオ番組で、一例を挙げると

「日本企業を”大改革”せよ」という番組は、

コロナショックにより世界が大きな変化を迎える中、日本企業がコーポレートトランス

フォーメーションを進めるためには何が大事なのか? どう日本企業を変えればいいのか?

リーダーには何が求められるのか? などについて落合陽一がゲストと語り合う番組です。



落合陽一というのは、時々メディアで顔を見てもどんな人か知らずにいたのですが、

番組で話を聞くと発想がいわゆる大企業の団塊の世代から続く昭和の経営者とは全く違って

現代のテクノロジーの知識も豊富で今の日本社会、特に生産性が全く上がらない日本企業の

問題点、そして、その問題を生んでいる日本社会の課題も的確に掴んでいるので、

聞いていて、「そうそう」とつい頷いてしまう事が多々あります。


そしてゲストも、最近コロナのデータ分析でNHKなどでもよく見かける慶應医学部教授の

宮田裕章教授や慶應藤沢キャンパス教授でYahoo CSOの安宅和人さん、経営共創基盤

代表取締役CEOの富山和彦氏、ポーラ化粧品社長の及川美紀さんなど

起業家や学者、経営者がディスカッションする内容が的を射ていて聞いていて飽きません。


これを聞いていると、英語力をつけることや女性をもっと活用する、外国人を活用する

など日本企業が苦手とするダイバーシティを広げることの重要性がよくわかります。


早速会員登録をして毎日聞き始めました。


これ以外にも面白い記事がたくさんあってここでご紹介しようと思ったら、

みな、プレミアム会員用でご紹介できないので、タイトルだけでもご紹介します。



「流しタクシーはもういらない?広がるオンデマンド型交通」

「YouTubeの新常識」

「【スタンフォード式】人気心理学者が説く、1日3分でも運動すべき理由」

【現地発】日本と大違い。米国でオンライン授業が進む理由


ちょっとみただけでも読みたい記事が目白押しです。


Newspicks ACADEMIAにもビジネススクールの講義のようなものが

たくさんありためになります。


まだまだ使い切れていないのですが、Picすると言って自分の好きな記事を

保存したり、コメントしたりといろいろ面白い仕組みもたくさんあるので、

これから楽しみです。


また、もう少し慣れたらご報告いたします。




----------------------------------------------------------

■Humor in Tumor


Characters:     C - Chan;     K - Kitano


A GV and a learner in class talking about comedy


K: I remember you told me you like Gaki no Tsukai and

    Monitoring.

C: Yes, I did say that. It’s because they’re funny.

     Why do you ask?

K: Well, I think comedy is also quite popular in your country?

C: Why do you think so?

K: Because the last time I stayed in the Philippines, I saw many

     Comedy Bars.

C: Ohh, you’re right. Many famous comedians in the Philippines

     started out working in comedy bars.

K: I watched a show where one comedian talked about funny

     things on stage and told jokes.

C: That’s called stand-up comedy. Usually, there’s just one

    comic performing in front of a live audience.

    Speaking of comics, though, have you ever heard someone

    joke about cancer?

K: I don’t think that’s a good thing to joke about. People won’t

     find it funny.

C: You’re right. But, believe it or not, some comics laugh and

     make jokes about cancer.

K: I think that’s just rude.

C: Would you still think like that if the comic, himself, has cancer?

K: Ohh. I’m not really sure how to feel in that situation.

    On one hand, I will pity him. On the other hand, I would also

     want to show my support to him by laughing at his jokes.

C: That’s a warm sentiment. There are a number of comics who

    battle cancer but still go on stage. One of them is Fred Reiss,

    a comic from Santa Cruz, USA. He’s a comedian and

    motivational speaker for people suffering from cancer.

K: That’s really amazing. I’m sure he serves as an inspiration to

     anyone battling cancer.



●Vocabulary:


humor                          ユーモア

tumor                     腫瘍

comedy                        コメディー、喜劇

comedy bars                    コメディーバー

comedians                     コメディアン、お笑い芸人

stand-up comedy                 一人で舞台に立って観客を

                            笑わせる芸

comic                          コメディアン、お笑い芸人

live audience                   生放送の観客

cancer                        がん、悪性腫瘍

find ~ funny                    面白いと思う

believe it or not                 信じられないかもしれないが、

                            まさかと思うかもしれないが

rude                         失礼な

on one hand…, on the other hand…     一方では...他方では...

pity                          気の毒に思う、可哀想に思う

warm                       温かい

sentiment                     感想、所感

a number of…                 たくさんの、多くの

motivational speaker             やる気を起こさせる(のがうまい)

                            演説家

serve as an inspiration             刺激する(刺激を与える)役割を果たす

battling                       闘っている、奮闘している



●Comprehension Questions


Why does Kitano think comedy is popular in Chan’s country?

a. Because he saw many comedy bars.

b. Because comedy is popular all over the world.

c. Because Chan is funny.

d. Because Chan watches a lot of comedy shows.


According to Chan, what is stand-up comedy?

a. It’s a kind of comedy where the comic stands up and

   never sits down.

b. It’s something you can only watch on TV every Sunday.

c. It’s when a comic performs in front of a live audience

    talking about funny things.

d. It’s when an artist depicts a long and complicated

    comical story.


Why is Kitano unsure of how to feel if a comic with cancer jokes about cancer?

a. Because he has not watched this kind of comedy before.

b. Because Kitano doesn’t really like comedy shows.

c. Because on one hand, he will pity him. On the other hand,

    he would also want to show his support by laughing at his jokes.

d. Because Kitano likes action and drama shows instead.



■腫瘍のユーモア


C-チャン K-キタノ


講師とラーナーはクラスでコメディーについて話しています。


K:  君がガキの使いとモニタリングが好きだって言ったいたよね。

C:  うん、確かにそう言ったね。とても面白いからさ。

   どうしてそんなこと聞くの?

K:  君の国でもコメディーはずいぶん人気があるんでしょ?

C:  なぜそう思うんだい?

K:  以前フィリピンに滞在した時、コメディーバーをよく見かけて

     から。

C:  お~、その通り。フィリピンの多くの有名なコメディアンが

   コメディーバーで営業し始めたんだ。

K:  一人のコメディアンがステージで面白いことを話してジョークを

   言っているいるショーを見たことがあるよ。

C:  それはスタンダップコメディー(一人で舞台に立って観客を