英語でビジネスをすると知らぬ間にキプロスの会社とビジネスをする

最終更新: 2020年10月14日

----【目次】-------------------------------------------------


・キプロスの会社とビジネス

・今週の注目Blog&記事

・大坂なおみが世界のスーパースターに

-------------------------------------------------------------



 だいぶ涼しくなってきましたがいかがお過ごしですか?


涼しくなるのは過ごしやすくていいのですが、暑さが緩んでコロナが

活発化しないとは限らないので、まだまだ注意が必要です。


さて、今世界では米中対立がますます激しさを増しています。


Microsoftが交渉から脱落して動向が注目されるTikTokですが、

米商務省は9月18日に、TikTok」と中国Tencentによる「WeChat」に関連する

取引の禁止を発表し、9月20日に、TikTokとWeChatは米国の

AppleのApp Store、Google Play Storeなどからのダウンロードを

禁止するとのことで、WeChatはアメリカで使えなくなります。


とここまで19日に書いたのですが、たった今新しい情報が入ってきました。


Trump says he has approved a deal for purchase of TikTok

CNN Business

https://edition.cnn.com/2020/09/19/tech/donald-trump-tiktok-deal-approval/index.html




この記事によると

オラクルとウォルマートがTik Tokの株式の20%を握り

トランプ米大統領は1TikTokの米国事業再編交渉に関し、オラクルなどとの

提携案を基本的に承認するとされています。

米国の国家セキュリティ問題がなくなるとされていますが、

詳細はわかりません。


しかし、このTikTokの問題の何がそんなに注目されるのかというポイントとして、

今までグローバルなプラットフォームがFacebook,Twitterなど、全てアメリカ発

だったのが、TikTokは初めて中国発でグローバルな地位を獲得したということ、

そして、このTikTokの優れているポイントの一つに、AIが的確に好みの動画を

選び出し勧めてくる、その優れたAI技術にMicrosoftが注目していたということ。

そして、これにより米国の覇権が脅かされることを米国が恐れていて今回の騒動に

発展しているということで、ファーウェイの問題とともに2020年が大きな転換点に

なったと言われる様なポイントになるかもしれません。


今の時代は、本当に動きが早く、そしてその動きがグローバルになっております。

日本の中だけの問題を見ていても、世界の潮流は読むことができません。


あなたのキャリアでもビジネスでも、私生活においても世界の情報を得ることが

とても大切な時代になって居ります。


これが思わぬところで英語でコミュニケーションすることの重要性を感じ

させられることが増えています。


実は、DCECではレッスンの予約システムをオンラインで行うものの準備を進めて

居ります。

ラーナー様たちからご要望をいただいて、検討を始めていたのですが、海外で

日本人以外の生徒様に対応するシステムを作る必要が生じました。

すなわち、日本語だけでなく、英語やベトナム後などに対応する必要が出てきた

のです。そこで、一旦、仕切り直しを迫られ、様々な検討を進めた結果、

新しいシステムを今構築していて、できれば来月にもlaunchしたいと考えています。


そこで、何が問題になったかというと、やはり多言語に対応するシステムを

作ろうとすると基本的に日本の会社で対応できるところは少ないのが現状です。


いろいろな会社を調べて、今、構築を進めているのは、なんとキプロスにある

会社のシステムを使おうとしています。


キプロスって言ってもどこだかすぐに思い浮かぶ人は少ないと思いますが、

あなたはすぐにわかりますか?


早速Wikipediaで調べると、


トルコの南の東地中海上に位置するキプロス島の大部分を占める共和制国家で、

イギリス連邦加盟国である。首都はニコシア。ヨーロッパ連合加盟国。