「本好きの下剋上」に学んだ英語の重要性

最終更新: 2月21日

アマゾンの創業者でCEOを務めてきたジェフ・ベゾスが退任し

取締役会会長に就任し、CEOには、クラウド部門(AWS)

トップの、アンディ・ジャシー氏が引き継ぐとの発表が

されました。


個人的にアマゾンは、最初にネットで書籍を買う事から使い始め、

それがキンドルに広がり、電車内でスマホで本を読むという

新しい習慣を作ってくれました。


つづいてすごく手軽な価格でFire TV Stickを出してくれたので

早速買って、自宅に居ながらにしてDVDを借りに行くのではなく

アマゾンプライムビデオでストリーミングで映画を観るという

新しい習慣を作ってくれました。

今はNetflixのほうが見ることが多いですが・・。


そしてなんといっても大きいのがAudible。

これは時間の有効活用に革命をもたらしてくれました。

本を読むのは好きでしたが、本を読むというのは座ってそれなりの

時間をかけないとしっかり読めないので1か月に何冊も読む

のは困難でしたが、Audibleは音声で本を読んでくれるので、

駅まで歩く時間や電車に乗っている時間、オフィスを出て銀行

まで歩く時間、食事に行く時間など実は1日の中にたくさんある

隙間時間に聞くことができるので、1か月で10冊くらい平気で本を

読めるようになりました。


特にAudibleのスタート時期は、聞き放題だったので、本当に

たくさん聞きました。そして自宅では、朝AIスピーカーのALEXAに

その日の天気を聞き、その日のスケジュールを確認しと、少し前

までのハリウッド映画で未来の世界で描かれていたような場面を

くれました。


私の中ではGAFAの中でもアマゾンが一番生活に密着して自分の

ライフスタイルを変えてくれました。

そんなアマゾンを作り上げたベゾスがCEOを退きAWSを築き上げた

アンディ・ジャシー氏が後任になるとのことで、また新たな