「ウイルス生物学とコンピュータ分析との融合」講師:Scott Eisenhower

最終更新: 3月14日

3月はDCECの創立記念の月なので、それを記念して弊社社員で分子ウイルス学者のScottから下記の講演してもらうことにしました。


タイトル:

「ウイルス生物学とコンピュータ分析との融合」

:コロナウイルスに対する持続的な解決策への研究成果


・ワクチン vs 治療

・コロナウイルスが私たちに与える影響

・ゲノム解析

・数学と生物学との関連性


講師:Scott Eisenhower


【Educational background】


筑波大学大学院 分子ウイルス学 博士課程

筑波大学大学院 分子ウイルス学修士

国立台湾大学 がん生物学研究生

アリゾナ州立大学 微生物学専攻


【Professional Career 】

筑波大学分子医学科(ウイルス学)H1N1 亜型ウイルス学者

プロクター&ギャンブル(P&G)生物学品質管理部


日時:3月25日(木)21:00~22:00


Zoomにて開催するので3月23日までにお申し込みください。


お申し込みは、このページの一番下のメッセージボックスからお名前、Emailアドレスと共に「スコットセミナー参加希望」とご送信ください。




最近の話題はワクチン接種が始まったことで、その効果や副反応などの

情報も入ってきてだいぶわかってきましたね。


でも、その情報の中で聞き慣れない、mRNAワクチンという言葉に気が付かれた方もいらっしゃると思いますが、あなたはなんだか知っていますか?


実は、これって今までのワクチンとは違うのです。


そこで、ここではScottにmRNAワクチンってなに?

と説明してもらうことにしました。



では、彼の説明を読んでご参考になさってください。


---------------------------------------------------------------

mRNA Vaccine Article



Last year the world was faced with an outbreak of a new

infectious disease known as COVID-19, an illness

caused by the SARS-CoV-2 virus.


It quickly spread around the world and caused widespread

panic, death, and large-scale economic damage as countries

were forced to shut down businesses and trade in order to

stop the disease’s proliferation.


Working tirelessly, researchers labored to find some way

to at least slow down the virus and finally we are seeing

the fruits of such labor in the form of multiple vaccines.


However, these new vaccines take on a different form from

what has been used up until now.


In the past, vaccines have primarily been comprised of

a small part of disease or even a whole disease in order to

train the body how to fight it. The two most widely used

types of vaccines are live-attenuated vaccines and

inactivated vaccines; the former uses a weakened version of

the disease and creates the strongest as well as

longest-lasting immune response while the latter uses

a killed or otherwise inactive version of the disease,

producing slightly weaker but still potent results.


Of the remaining types of vaccines, both subunit vaccines

and toxoid vaccines rely on training the body

to fight against specific proteins or other molecules

created by the disease-causing agent.

These have all been utilized for decades and have proven

to be extremely effective, but with the recent coronavirus

outbreak there has been a new type of vaccine introduced

into the group, the mRNA vaccine.